2016年3月2日更新

【獣医師監修】犬の心臓に関わる病気である僧房弁閉鎖不全症、フィラリア症について

全身に血液を送り出す心臓の病気は、生命に関わる重大な問題につながります。

そんな犬の心臓病として有名なものには、犬の心臓病の大半を占める「僧房弁閉鎖不全症」や、蚊が媒介する病気である「フィラリア症」などがあります。

今回はこれらの犬の心臓病についてご紹介します。

僧房弁不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

僧房弁は、心臓の左心室と左心房の間にあり、血液の逆流を防ぐ働きをしています。通常は、この弁が心臓の動きにあわせて開閉する扉のように動き、血液の逆流を防いでいます。

僧帽弁閉鎖不全症では、加齢など何らかの原因で僧帽弁が機能しなくなり、血液が逆流することで心臓のポンプ機能が低下することで症状が現れます。

初期の段階では、運動時や興奮時に咳が出たり息切れしたりする程度ですが、だんだんと疲れやすく散歩時にすぐに座り込んでしまったり、散歩に行きたがらなくなったりしてきます。

さらに病態が進むと、血液循環が悪くなる事で肺がうっ血して肺水腫を引き起こします。安静時でも呼吸が荒くなり、咳が止まらないほか、失神、呼吸困難などの様々な重篤な症状が出てきます。

残念ながら根治の治療はありません。内服薬による心不全に対する治療を行ないつつ、肺水腫の治療により呼吸困難の管理を行ないます。 心疾患に配慮したフードでの食事療法もよいでしょう。これらにより、症状を抑え、生活の質を維持することがメインです。

発症すると、生涯つきあっていかなくてはならない病気ですので、治療については、かかりつけの獣医さんと納得いくまで相談した方がいいでしょう。

元気でこれといった症状がない場合でも、年一回のワクチン時期の検診で心雑音を発見されることで、僧帽弁閉鎖不全症が見つかることも多いようです。6~7歳を過ぎたら、半年に1回は健康診断を受けることがすすめられます。

フィラリア症

蚊が媒介する犬糸状虫(通称フィラリア)が血管内、心臓内に寄生して発症する病気です。

蚊が犬を吸血する時に、犬糸状虫の幼虫が皮下に侵入して成長しながら静脈に入り込みます。感染後は約半年で成虫になり子虫を産みます。この子虫を持つ犬を蚊が吸血することで、子虫は蚊の体内にとりこまれ、蚊の体内で幼虫へと成長し、新たな感染源となります。

このサイクルの中で、幼虫が犬の体内で心臓に達するまでの間に幼虫を駆除してしまうのが、フィラリア症予防薬です。いくつか種類がありますが、よく使われるものでは、月1回の服用でフィラリア症を予防します。

予防薬を服用しておらず、フィラリア症を発症してしまった場合、初期は無症状であったり、軽い咳がみられたりする程度でしょう。やがて成虫が増え、心臓や血管に多数寄生すると、血液循環が悪くなってひどい咳や呼吸困難がみられるようになり、さらには腹水が溜まり失神・喀血などの症状を伴い死に至ります。

予防方法は、蚊が発生しはじめた月の1ヶ月後から蚊がいなくなった月の1か月後まで、月に1回フィラリア症予防薬を服用させる事です。

この病気は感染した犬を吸血した蚊が別の犬を吸血した時に、感染が拡大する恐れがあります。蚊にさされることは防げませんが、フィラリア症の発症は予防薬により防ぐことができます。防げる病気は予防して愛犬を守りたいですね。

ここで、注意しなくてはならない事があります。毎年、服用開始前には必ず動物病院で感染していないことを確認する検査を受けなければなりません。感染していることに気づかずにフィラリア症予防薬を服用させてしまうことは、命に関わることがあります。

薬を病院以外から譲り受けたり、インターネットで安く購入したりして、検査をせずに服用させることは、違法であるだけでなく、愛犬の命にとっても大変危険な行為ですので絶対に避けましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬から人に感染することも。Q熱の症状、治療法、予防法とは

犬のQ熱はこんな病気 Q熱は、コクシエラ・バーネッティという細菌により発症する病気です。 コクシエラ・バーネッティに感染している動物の糞便、乳、卵や保菌ダニの糞塵や咬傷などから感染し……

犬の感染症

【獣医師監修】耳から大量の黒い耳垢が!犬の耳ダニ感染症の原因・症状・治療法・予防法

犬が後ろ脚で耳を必死にかいていたり、頭を激しく振っていたり。そして耳に黒っぽい耳垢がたまっている…そんなときに疑いたいのが「耳ダニ感染症」です。耳ダニ(ミミヒゼンダニ)が犬に寄生することで起……

犬の体の部分的な変化や異常

【獣医師監修】犬のジステンパー〜原因・症状と対策

ニホンオオカミの絶滅理由にもなったとされる犬ジステンパーは、犬ばかりだけでなく、多くの動物にとって感染の危険性がある感染症でもあります。また、死亡率も高いため、まずは感染させない為にも、ワク……

【獣医師監修】ネズミから感染してしまう病気。犬のレプトスピラ症の症状・原因・治療法

犬のレプトスピラ症はこんな病気 レプトスピラ症はあまり馴染みのない名前の病気かもしれませんが、実は人も感染することがある人獣共通感染症です。 病原体はレプトスピラ属の細菌で、その種類……

犬の体の全身的な変化や異常

【獣医師監修】もうすぐ時期です!狂犬病の予防接種について

法律により日本全国の犬の飼い主に義務付けられている狂犬病の予防接種。春になると動物病院や地方自治体から、一斉に予防接種がよびかけられますよね。 今年ももうすぐその時期ですが、なぜ予防接……

犬の感染症

【獣医師監修】マダニによって感染! 犬バベシア症の症状、予防、治療法は?

犬バベシア症はこんな病気 犬バベシア症はバベシアという原虫が赤血球に寄生することで発症する病気です。バベシアを媒介するのはマダニというダニの一種です。 マダニは最近、重症熱性血小板減……

犬の感染症

【獣医師監修】犬の回虫症〜原因・症状と対策

犬の回虫症は、イヌ回虫もしくはイヌ小回虫によって引き起こされる犬の病気です。主に犬に感染して問題となるのは、病原性がより強いイヌ回虫に感染した場合です。また、イヌ回虫は人に感染する危険性もあ……

【獣医師監修】犬の心臓に関わる病気である僧房弁閉鎖不全症、フィラリア症について

全身に血液を送り出す心臓の病気は、生命に関わる重大な問題につながります。 そんな犬の心臓病として有名なものには、犬の心臓病の大半を占める「僧房弁閉鎖不全症」や、蚊が媒介する病気である「……

犬の感染症

2分でわかる!子犬の登録と狂犬病の予防注射について

皆さんは犬を飼育すると、様々な「義務」が生じることを知っていますか?簡単に犬を飼うといっても、守らなければいけないことや、やっておかなければいざというときに飼い主の立場が不利になってしまうこ……

犬のワクチン接種

【動物看護師が徹底解説!】冬には犬も風邪をひく?犬風邪の特徴と対策

寒い冬がやってくると体調管理に、より一層気を遣う方もたくさんいらっしゃるでしょう。実は冬に風邪を引きやすいのは犬も同じで、体調を崩しやすい季節でもあります。どんな症状が出たら風邪で、どのタイ……

犬に関する冬の注意

【獣医師監修】子犬は特に要注意!ケンネルコフの症状・原因・治療法について

ケンネルコフはこんな病気 ケンネルコフとは正式名称を「犬伝染性気管気管支炎」といいます。その名のとおり、犬がかかる伝染性の気管気管支炎を総称してケンネルコフと呼びます。 原因はウイル……

犬の感染症

【動物看護師が徹底解説!】多頭飼育で愛犬が風邪をひいたらどうするべき?

あなたの家には何匹犬がいますか?一頭のお宅も多いと思いますが、最近では犬を二、三頭連れてお散歩してる方もよく見られます。多頭飼いはお世話だけでも大変そうに思えますが、実は1番苦労するのは風邪……

犬の感染症

【獣医師監修】死亡率の高い恐ろしい犬猫の病気。パルボウイルス感染症の特徴・症状と対処法

パルボウイルス感染症という病名を聞いたことがありますか? 混合ワクチンで予防できるウイルス感染症のひとつとして知っている飼い主さんもいると思います。このパルボウイルス感染症は、感染力が……

犬の感染症

【獣医師監修】年に一度の狂犬病の注射、本当に必要なの? 狂犬病のワクチンの意義

狂犬病は、一度発症すると人間、動物ともに致死率100%と言われる恐ろしい病気です。しかし、日本国内では昭和33年以降、この病気の発生は報告されていません。 それでも狂犬病の予防注射は必……

犬のワクチン接種

【獣医師監修】目の中に寄生虫が! 東洋眼虫についてまとめました

東洋眼虫ってどんな寄生虫? 東洋眼虫は主に犬・猫の結膜嚢と呼ばれる場所に寄生する虫ですが、稀に人の目にも寄生することがあります。 体長は8mm~16mm程度で、色は白の半透明で細い糸……

犬の目の病気