海水生物が飼いたいあなたに!初心者向けのマリンフィッシュの選び方・飼い方について

マリンフィッシュとは水槽で飼育可能な海水魚のことです。海水魚の飼育は淡水魚の飼育と比べると難易度が高い印象をお持ちの方が多いようです。

確かに気を付けなければならない点もありますが、初心者でも十分チャレンジすることができます。

今回は、海水魚のなかでも特に飼育難易度の低い魚を紹介します。

 

カクレクマノミ

有名アニメーション映画で一躍有名になった熱帯魚です。

鮮やかなオレンジと白の模様は見ていて飽きることはありません。

体長は11cm程度。体は非常に丈夫で温和な性格をしているため、他の魚との混泳も可能な魚です(※ただしカクレクマノミを複数飼育する場合、いじめが発生することがあるので注意が必要です)。

1匹1000円程度と安価なのも魅力です。海水魚のなかでも特に癖が少なく、海水魚の初心者にまずおすすめされることが多い魚です。

更地の水槽でも飼育は可能ですが、本来はイソギンチャクと共生する生き物なのでハタゴイソギンチャクやタマイタダキイソギンチャクなど大型のイソギンチャクを水槽で育成してみるのもおすすめです。

 

バイカラードティーバック

黄色と赤紫っぽい色とのツートンカラーという、とても珍しい模様をしている熱帯魚です。

バイカラードティーバックはニセスズメの仲間で大きさは5cm程度と小型ですが、とにかく派手なので水槽内ではとても良く目立ちます。

体は基本的に丈夫。雑食性なのでなんでも食べてくれるでしょう。

肉食魚以外の他種との混泳も十分可能ですが、カクレクマノミ同様、同種同士を水槽内に入れると激しく攻撃してしまうので、同種との混泳は避けなければいけないでしょう。

 

シリキリスズメダイ

コバルトブルーの体と黄色い尾びれが特徴的なスズメダイの仲間です。

水槽に映える色合いに加え、体も比較的丈夫。性格もとにかく柔らかいので、他種だけでなく同種との混泳も可能です。

おまけに1匹300円程度の超安価なのでアクアリストからはとても評価が高い海水魚です。

高温への耐性が強く、直射日光の当たらない場所であれば、夏場であってもクーラーの設置は必要ないでしょう。

反面、寒さには弱いので冬はヒーターが必須。水温を常に25度以上にするよう調整しなければなりません。

 

海水魚はまだまだたくさんいます

海水魚の数はとても豊富です。

今回紹介した三種以外にも初心者向けの種がありますので、ぜひ一度マリンショップへ足を運んで、色鮮やかな海水魚を観察してみてください。

きっとあなたも海水魚を飼いたくなってくるでしょう。

関連記事