2016年2月1日更新

自宅でもできる身体検査。愛犬の体温・心拍数・呼吸数の測定方法をご紹介

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛犬の健康状態を正しく判断するために、健康時の体重・体温・心拍数や行動の癖やしぐさ、排泄の回数やタイミングを何となくでも把握しておくようにすると健康状態の不調に気が付きやすくなります。今回はお家でできる愛犬の身体検査の方法をご紹介します。

 

体温測定

自宅での体温測定は、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、いざという時のために覚えておくと良いでしょう。通常、ペット(犬・猫)の体温は肛門の中に体温計を挿入して計測します。これは直腸温の計測で、最も確実・正確に測定できる方法です。

体温計は動物専用の物が市販されていて、先端の水銀部分が太く折れにくい構造になっています。動物病院では、体温計にブローブカバーという使い捨ての薄いカバーを付けて計測しますがこのカバーは大きな薬局や体温計を購入したお店などで注文すれば入手可能です。

また、サランラップを薄く巻いてでも代用出来ますが、巻いた表面がデコボコになり、愛犬が不快に感じると思うのであまりお勧めできる方法ではありません。

体温の測り方

直腸温の計測は、ペットの尻尾を軽く持ち上げて肛門を見えるようにし、体温計の1/4位まで静かに真直ぐに挿入します。あらかじめ、体温計の先端にワセリンやクリームを塗っておくとスムーズに出来ます。計測は、取扱説明書に記載の時間で行います。食後や運動、遊びの直後は体温も少し上がっているので、10~15分程時間をおいて落ち着いてから計測すると、正確な体温がはかれます。

平均体温の目安

犬や猫の健康時の平均体温は以下の通りですが、人間と同様に個体差があります。記載より高い場合も低い場合もありますので、あくまで目安として参考にして下さい。ご自分のペットの健康時の平均体温を把握しておく事が大切です。

・子犬
38.5~39.0度

・成犬
38.0~38.5度

・子猫
38.5~39.2度

・成猫
38.0~39.0度

心拍数・呼吸数

心拍数や呼吸数も病気の早期発見に大変役にたちます。健康時の標準値を把握しておく事で異変にいち早く気が付く事ができます。

心拍とは

1分間に心臓が拍動する回数。小型犬などは、心臓部に手を当てて拍動を確認できますが、肥満犬や大型犬は拍動を確認できないケースもあります。そこで家庭では、後肢の内側、股の部分の動脈の脈拍を計測します。

心拍の計り方

親指を後肢の外側に、他の指を内側に来るように挟みます。人差し指で股動脈の拍動を感じられる部分を探し計測開始します。通常は1分間計測しますが、その間ペットがジッとしていてくれるとは限りません。

15秒計測して4倍すれば1分間の大体の脈拍数を計算できます。散歩や運動、食後、興奮時又、気温が高い時などは通常より心拍数は多くなっているので、計測する時は静かに落ちついている室内で測るなど、一定の条件下で行いましょう。

心拍(脈拍)数の目安

心拍数も体温同様に個体差があります。あくまでも目安なので、定期的に測定して平常時の心拍数を把握しておくと良いでしょう。一般に、小型犬や子犬は心拍数が多く大型犬や老犬は少ない傾向です。

・子犬
90~160回/1分

・成犬
約60~120回/1分

・子猫
約100~260回/1分

・成猫
140~200回/1分

 

呼吸数

心臓や呼吸器の病気がある場合犬は、喘ぐような呼吸をしたり普段よりも呼吸が早くなり、数もかなり多くなります。運動直後や極度の緊張・興奮の時、気温が高い時も呼吸数は増えるので、健康管理の一環として平常時の呼吸数を把握しておくのは大切な事です。

呼吸数は、愛犬の胸やお腹を観察して上下する動きを数えて測定します。または鼻孔の開閉の動きから測ることもできます。これも個体差がありますが、健康な成犬・成猫で1分間に10~30回位だと言われています。

まとめ

大切な家族となったペットの健康管理は大変かもしれません。しかし、毎日の生活の観察で、物言わない愛犬の「いつもと何か違うな」と異常に気が付いてあげることが大切なことです。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】人間だけじゃない!犬もかかる、尿結石症の症状・原因・治療法

人間の病気としてもよく知られている尿結石。犬も尿結石ができることがあることをご存知でしょうか? 尿結石症とは 尿のなかに石のようなもの(結石)ができる病気が尿結石症です。 犬に最も……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬が走っている途中で躓いて捻挫?!愛犬が捻挫した場合の処置について。

犬は走るのが得意な動物ではありますが、足場の悪いところを走ったり無理に方向転換したりすると捻挫や肉離れを起こすことがあります。犬が脚に捻挫や肉離れなどのケガを負った場合は、動物病院で手当する……

犬の動作や習慣の変化や異常