2016年4月30日更新

柴犬の寿命やお手入れ方法をご紹介!

柴犬の性格

柴犬は天然記念物にも指定されている日本犬です。縄文遺跡から柴犬と思わる骨が発見されるなど、日本人が柴犬と一緒に暮らしてきた歴史は驚くほど長いのです。近年は、その凛とした姿やサムライの様だと称される性格で海外での人気が高まっています。主人に対しては忠誠をつくし、他人に対
してはとても警戒心が高く、忍耐強く、勇敢で賢い性格を持っています。

柴犬のかかりやすい病気

【関連記事】柴犬の病気〜獣医師が解説する柴犬のかかりやすい病気〜
本来、柴犬は犬種特有の病気は少ないですし、その病気も多くは命に危機をもたらすものではありません。しかし、十分な知識や環境のもとで繁殖がされているか否かが、寿命、性格、病気など、多くの事を左右しかねないのです。

猟犬として活躍してきた血筋を持つ柴犬は運動量も多いので、十分な運動をさせてあげられない方にはお勧めできません。ダブルコート(毛が二層)なので、野外でも十分暮らしていける要素を持っていますが、季節に対応するため毛の生え代わり時期には大量の抜け毛が発生します。毛の密度が高いため、犬種特有の病気として皮膚病が挙げられますが、多くの場合は日々のブラッシングや皮膚病用のシャンプーなどで予防や治療が可能です。
しかし、手入れの度合いや加齢によって皮膚病が悪化する事もあります。

柴犬の寿命

寿命は14年ほどと言われていますが、街中や動物病院などで出会う老犬の中には20歳前後の柴犬も多く、比較的長生きしやすい犬種と言えるのではないでしょうか。犬種特有の病気が少ない事も寿命を延ばすための必要条件かも知れません。

警戒心がとても強い性格からか「フレンドリーではない」と誤解を受ける事も多いです。しかし、一度信頼関係が築ければ、その相手が人間、犬、猫、その他の動物に関わらず、柴犬は誠心誠意愛情を注いでくれます。もしその相手が危険な目に合う様な事があれば、自分の身を挺して相手を守るほどの深い愛情と信念を持った犬種です。

柴犬の分類

毛色は赤、黒褐色、胡麻などがあります。多くの団体が小型犬と分類している柴犬ですが、品評会向けなどではなく一般家庭での飼育では10kg以上まで成長する場合が多く、ペット保険、ペット美容室、動物病院などでは中型犬と分類されるケースも少なくありません。

柴犬の人気

戦後、純正の柴犬が激減してしまったため、数少ない純正種を全国から集め繁殖を行った歴史があります。これが柴犬の絶滅を防ぎ保護にもつながった反面、各地の特有性を消滅させたとも言われています。

近年、その賢さや手入れの簡単さなどから「飼いやすい」と柴犬人気が高まっています。人気に便乗しようと、近親での繁殖をおこなっているブリーダーなども多い様で、それが原因となり遺伝子異常、それに伴う病気や問題行動を起こす柴犬も少なくなく、それが寿命にも大きな格差をもたらしている様です。

血統書付きか否かでは近親での繁殖が行われていないと言う証明にはならず、事前にできるだけの情報を得て正当な繁殖がされた血筋かを確かめる必要があります。

柴犬のお手入れ・ケア

「飼いやすい」「ペット初心者向き」などと言われ人気が高まる柴犬ですが、日々の十分な運動やブラッシングなどの手入れは欠かせません。元気で長生きできるかは、まず血筋の問題が大きいですが、日々の健康管理が寿命を大きく左右する事は人間も犬も変わりありません。飼い主の日々の努力への感謝を忘れない律儀な性格で、それ以上の愛情を与えてくれるのが柴犬です。その点では犬を初めて飼う方とって「犬の素晴らしさ」を教えてくれる犬種とも言えるかも知れません。

キャラクター化、番組・映画等での起用、さらに都会の狭い住居でも飼える柴犬として「豆柴」が人気を集めています。しかし、日本犬保存会やJKCなどでは公認されていないもので、豆柴と称した柴犬販売や繁殖方法に関わる注意もされています。柴犬の中でも小さく産まれたものを集め交配をしているものから、通常サイズの柴犬からたまたま小さく産まれた子犬を「豆柴」として販売するなど販売上のトラブルだけでなく、その犬の健康面の問題も多い様です。

「寿命に関しては通常サイズの柴犬と変わらない」と言われ販売されているケースが多い様ですが、通常サイズの柴犬同様、近親での繁殖や未熟児で産まれた犬同士の繁殖など、遺伝子異常や、寿命に影響しかねない要素を含んでいる事は専門知識がなくとも不安要素になるのではないでしょうか。豆柴とされる柴犬は高値で取引されていますが、その値段が安全性を示す基準ではありません。

柴犬について詳しく知りたい方はこちら
柴犬の基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

室内では困る!! 犬が片足をあげて排泄する理由。

犬と言えば片足を上げておしっこをするイメージがありますよね。大抵オス犬がやる事が多いのですが、これはなぜなのでしょうか?メス犬でも片足をあげる子もいるし、逆にオス犬でも上げない子もいるようで……

犬の習性

アナトリアン・シェパードの特徴やしつけなどのまとめ

アナトリアン・シェパードの特徴・性格 トルコ原産のこの犬のルーツは古代犬で長い年月を経て様々な犬との自然交雑を繰り返し、現在の姿になったと言われています。主に羊を獣や泥棒から守る護畜犬や軍……

犬の習性

ウェルシュ・テリアの特徴や性格など

ウェルシュ・テリアはその口髭も愛らしい犬種です。その名の通り、ウェールズ発祥のテリア種を改良して誕生した犬種と言う説があります。同じ時代に存在したテリア種と似た容姿のためドッグショーでも混乱……

犬の習性

アラスカン・マラミュートの性格・寿命・飼い方・お手入れなど知っておきたい情報まとめ

アラスカン・マラミュートはオオカミの様な顔立ちの大型犬です。シベリアン・ハスキーにもよく似た顔立ちですが、シベリアン・ハスキーより一回り大きく、ソリ犬の中では一番大きい犬種とも言われています……

犬の習性

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴・性格・しつけ・遊び方をご紹介!

アイリッシュ・ウルフハウンドの特徴や性格 アイルランド原産のこの犬は狼狩りを得意とする犬種として作出されました。世界最大犬種として有名なグレートデンと肩を並べる超大型犬で体高は世界一とい……

犬の習性

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴・性格・サイズ・大きさ

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴 ジャーマン・シェパード・ドッグは警察犬としてよく知られている犬種です。 古くはドイツの山岳地方で牧羊犬として活躍していましたが、1880年頃から……

犬の習性

ペットを飛行機に乗せるには? ペットを飛行機に乗せる場合の料金、プロセス、ルール

ペットとの旅行にクルマを使う人が多いとは思いますが、遠出する場合は飛行機を利用することもできます。最近ではペットを飛行機に乗せる飼い主さんも少なくないため、航空会社でも、ペット向けのサービス……

犬のストレス

ベルジアン・グローネンダールの歴史、性格、寿命、特徴

ベルジアン・グローネンダールの歴史 ベルジアン・シェパードから派生して誕生した4種のうちのひとつといわれています。 各種それぞれに若干の個体識別差がある為に分けられた種別です……

犬の習性

アメリカン・ウォーター・スパニエルの特徴・お手入れ・飼い方まとめ

アメリカ原産の犬で、アイルランドやイギリスで活躍していたウォータースパニエル系を交配し、改良されたものがこの犬であると言われています。前出の各国ウォータースパニエル系と同じく、猟犬、特に水中……

犬の習性

チベタン・テリアの性格や特徴・歴史

チベタン・テリアの歴史 チベットを原産国とする門外不出の犬と言われていたそうです。ルーツは古く、2000年も前から存在していたと言う説があります。 犬種名に「テリア」と言う言葉が入り……

犬の習性

テリア気質は飼いにくい?ヨークシャー・テリアの飼いやすさについて

動く宝石ともいわれる美しい被毛が魅力的なヨークシャー・テリア。小柄な体つきや愛くるしい仕草から、1度は飼ってみたい小型犬のランキングでも常に上位に入る犬種ですね。でも気難しくて意外と飼いにく……

犬の習性

ラサ・アプソの歴史、性格、寿命、特徴

ラサ・アプソの歴史 その歴史は長く、一説には2000年以上もの歴史がある犬とも言われています。チベットで僧侶や貴族によって繁殖された門外不出の犬種だったそうです。 現在ラサ・アプソと……

犬の習性

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの寿命や大きさなど基本情報まとめ

スイス原産の山岳犬、牧畜犬とされています。起源は古代犬にさかのぼる最も古い犬の子孫であるのにもかかわらず、各国のケンネルクラブで独立種として登録され始めたのは近年になってからという珍しい犬で……

犬の習性

土佐犬の歴史、性格、寿命、特徴

土佐犬の歴史 高知県の天然記念物として登録されており、日本を代表する犬種のひとつです。 元々はいのしし狩りに使われていた四国犬をベースとし、世界一の闘犬にするべく、マステイフ、ブルテ……

犬の習性

気になる犬の行動の意味とは?犬のカーミング・シグナルを観察しよう!

犬は人間のような言語を持ちませんが、犬同士や飼い主に対して、様々なサインを送ってメッセージを伝えています。特に相手の気持ちを沈め、落ち着かせるような行動を「カーミング・シグナル」と言います。……

犬のカーミングシグナル