2015年4月26日更新

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴・性格・飼い方をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの特徴や性格

犬名につけられている通り、アイルランドが原産国のこの犬の歴史は古く、良く似た犬の骨が1,000年以上前に出土したりしている事から最も古いスパニエルの系統と言われています。昔も今も狩猟犬として活躍しており、特に水辺に落ちた鳥などを回収する水中回収犬としての才能は秀でています。

被毛は油分の多いカールしたダブルコートになっていて、水に濡れた後の手入れは意外に手間がかかりません。逆に森の中などの狩りでは固い巻き毛に木の実などが絡まったり、もつれるなど手入れに手間がかかります。このくるくるとしたカールは頭頂部にも特徴的にあり、それがユニークな風貌となっています。被毛の色はレッドやブラウンの単色で全体的に巻き毛で覆われています。しかし尻尾の先にかけて毛が少なくなり、特に先端は毛がなくネズミの尻尾の様になっています。体高は50〜60センチ、体重20~30キロの中型犬で平均寿命は10〜12年と言われています。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルの飼い方・しつけ・遊び方

子犬の頃から好奇心旺盛で元気いっぱいなこの犬は、成犬になっても活動力は衰えませんのでかなりの運動量が必要になります。1日1時間程度は走らせたり、一緒に遊んだりなどの運動を取り入れ、ストレスがたまらない様にしましょう。水中での作業をするのに特化した体質な為、水遊びをしなくても被毛の油分は多く犬独特の臭いがあります。水遊びが好きな犬ですので、水に濡らすのは構いませんが、シャンプーなどで油分をとりすぎない様に注意をしてください。

 

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルのお手入れ・ケア

お手入れは週に2〜3回のブラッシングやコーミングを取り入れましょう。被毛は抜けにくく、伸びる速度もそれほど早くないので、トリミングは2〜3ヶ月に1回程度でも大丈夫です。服従訓練や躾は進んで行いますが、遊び好きな気質から気が散る事も多く、頑固なところもあるので根気が必要です。家族には深い愛情を示し、良好な関係を築く事が出来ますが、知らない人には警戒し、犬の性格によっては無関心になったり、逆に吠え立てる場合があります。

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルのかかりやすい病気

気をつけておきたい遺伝性疾患は、股関節系の病気に気をつけてください。また垂れ耳の為、外耳炎などを発症しやすいです。耳の衛生管理は気をつけましょう。

 
 

関連カテゴリ