2015年4月25日更新

アイリッシュ・セッターの性格・食事・性格

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

アイリッシュ・セッターの特徴や性格

アイリッシュ・セッターは艶やかな毛がとても魅力的な犬種です。寿命は13年前後と言われていますが、7歳ごろから老化による症状が出やすいとも言われています。毛色はリッチ・チェスナットや金栗色、マホガニーレッドなどと言われ、それはとても美しい金色を思わせる茶色です。また、腕や尻尾の飾り毛もとても美しく、風になびく様子は多くの人々を魅了するでしょう。イギリスでは、茶系一色の他に茶系と白のパーティーカラー、レッド・アンド・ホワイトとも言われるものもアイリッシュ・セッターとして認定を受けているそうです。

アイリッシュ・セッターは元々猟犬で、特に鳥猟用のガンドッグとして活躍してきました。一日100㎞以上もの距離を走る事のできるその骨格や筋肉ですので、家庭で飼う際も必要な運動量を十分に満たせる環境が必要でしょう。その体の大きさの割に体重は比較的軽く、20kgから35kg弱程です。

アイリッシュ・セッターの食事

体が大きいからと言って必要以上の食事を与える事や、運動不足などによる肥満には気をつける必要があるでしょう。
運動不足による肥満、筋力不足、ストレス、またそれが元で発生する病気などによって寿命を縮めてしまう事の無い様、十分な注意が必要と言われています。
運動能力に長けている犬種ですので、フリスビーなどのドッグスポーツに挑戦してみるのも良いかも知れません。

 

アイリッシュ・セッターの性格

性格はとても活発で、人懐っこく、やんちゃで、無邪気な犬が多い様です。勇敢で賢さも持った犬種とも言われていますが、やんちゃで無邪気な面もあるので、早いうちからトレーニングを行った方が良い様です。
無邪気さゆえのいたずらが重大な事故や寿命を脅かす事態にならない様、また長所を引き出すためにも適したトレーニングをすることをお勧めします。

アイリッシュ・セッターのかかりやすい病気

また、腸捻転や胃捻転も起こりやすいと言う話もよく聞かれますので、日ごろの様子の変化などを見逃さない様に注意が必要でしょう。突発的に起こる事も多いでしょうが、これは寿命を左右しかねない事です。この犬種に限らず、腸捻転や胃捻転で命を落とす犬は少なくないと言われています。その痛さは犬のとっても耐え難いものだと言われていますが、それを飼い主にどう伝えるかは犬種に関わらず個体によって大きく違うので、飼い主の日頃の観察力の他にその症状の見極め方を勉強する必要もあるかも知れません。

稀にではあるようですがてんかんを発症しやすい犬種とも言われています。てんかんは遺伝性の場合が多いとも言われていますので、事前にそう言った症状を持った血筋か否かを調べる事も重要でしょう。しかし、てんかんが発症しても人間同様、投薬治療や日頃のケアで状態を安定させる事が可能な場合もあると言われていますので、すぐに死を意識したり、安楽死を考えたりする必要はないと思います。

この犬種に限らず、万が一病気や老化によって看病や介護が必要になった場合を考え、事前に飼い主が家族などとよく話し合い、必要な獣医師などから協力を得られる様にしておく事で、本来の寿命を達成できる可能性が高くなるのではないでしょうか。

 
 

関連カテゴリ