アイリッシュ・テリアのしつけ・遊び方・お手入れ・ケアまとめ

アイルランドを代表する最も古いテリア種のひとつで、その代表的な被毛の色からレッドデビルのあだ名も持っています。キツネやイタチから家畜を守る為に作られた犬種の為、テリア気質が色濃く残る種でもあります。

 

アイリッシュ・テリアのしつけの注意点

頭の良い犬で学習能力が高く、失敗をした経験を覚えている犬と言われています。そのため、マイナス思考な経験を多く重ねてしまうと、無駄吠えの多い神経過敏な犬となりますので服従訓練や躾時の飼い主の接し方によっては注意が必要です。基本的に飼い主とその家族に大変忠実で、遊ぶ事が大好きな犬です。

 

アイリッシュ・テリアの遊び方

家族内の子どもに対しては愛情を持って接する事が出来る犬ですので、子どもと一緒に遊ぶ事もするでしょう。また番犬としての素質に加え、猟犬としても素晴らしいスピードとジャンプ力、泳ぎも出来る運動能力の高い犬です。その為、運動量は豊富ですので毎日小1時間程度の散歩や一緒に遊ぶゲームなどを取り入れる必要があります。

気をつけておくべき点として、狩猟犬、番犬としての適性が強く、テリア特有の性質も強いことから小動物を追いかけたり、噛み付く可能性があります。また、オス犬は闘争本能がメスに比べると比較的に強くなりますので、散歩時の小動物との遭遇や多頭飼いの場合は注意をしましょう。

体高は43〜46センチ、体重は10〜12キロで、個体によっては中型犬とも小型犬とも見られます。平均寿命は12〜14年と言われています。被毛はレッド系の単色でエアデールテリアよりも小さく、ウエルシュテリアより大きいサイズで、カラーはこの2犬種に良く似ています。

 

アイリッシュ・テリアのお手入れ・ケア

粗めのワイヤーコートは意外に毛の伸びる速度が早く、3ヶ月に1回程度のトリミングが必要です。毎日のお手入れとしては週に1〜2回はブラッシングやコーミングで抜け毛を取り除きましょう。気をつけておきたい遺伝性疾患として進行性の網膜萎縮症がありますが、このDNA検査を行って陰性だった両親の子犬には、発症しません。基本的に丈夫な犬種ですので、上記以外に気をつけておくべき疾患としては股関節系疾患や、てんかんの発症例が稀に報告されています。

関連記事