アフガン・ハウンドのお手入れ・特徴・寿命

この犬の歴史は古く、紀元前より生息していた犬で、ノアの箱舟に乗った犬の子孫として言い伝えられています。その名の通り、当初はアフガニスタンの原野でヒョウやガゼルを狩る猟犬として活躍していました。狩猟犬としての能力は高く、広い視野と鋭い嗅覚で獲物を見つけると、飼い主の馬などが追いつく前に獲物をしとめる自己判断能力にも長けた犬であったそうです。体中を覆いつくす長い被毛は、本来は寒冷地で身を保護するためのものでしたが、そのオリエンタルな外観から、欧米のドッグショーで人気となり、現在のような独特の風貌に改良されました。

 

アフガン・ハウンドのお手入れ・ケア

柔らかく美しい長い被毛は毎日のコーミングなどのお手入れが必要です。月に1回はトリミングも必要ですので、お金と時間に余裕がないと飼育は難しいでしょう。被毛色はゴールデン、クリーム、ブラック、レッド、フォーンなどが一般的ですが、単色の場合やミックスなどバラエティ豊かな毛色を持っています。

 

アフガン・ハウンドの特徴・性格・寿命

体高は63〜74センチ、体重は20−28キロの大型犬で、平均寿命は12〜14年といわれています。「シャイ」という言葉が似合う性格で、飼い主や家族に対しては友好的ですが、あからさまに表現するタイプではありませんので、子どもの遊び相手としてはあまりふさわしくない犬種かもしれません。

室内では比較的、大人しくしていますが、屋外に出ると狩猟犬としての本能が目覚めることがあります。非常に活動的な犬ですので、1時間程度の散歩を1日、2回程度は行う必要があるでしょう。走るスピードは見かけ以上で、呼び戻しても帰ってこないほど自分の判断で動く犬です。ドッグランなどのフリースペース以外ではリードを離さないようにしましょう。独立心が強いという同じ理由により、服従訓練や躾は非常に入りにくい犬種です。飼い慣らすには根気が必要な犬です。

 

アフガン・ハウンドのかかりやすい病気

気をつけたい疾患としては白内障などの眼病、大型犬特有の股関節系疾患、垂れ耳のため、外耳炎を含む耳の病気、豊かな被毛が高温多湿な日本では蒸れ易いので皮膚病についてのケアが必要でしょう。麻酔には敏感に反応しますので、麻酔を伴う治療の際は獣医師と十分ご相談ください。

関連記事