2015年4月29日更新

イングリッシュ・セッターの性格・しつけなど飼いたい人が知っておきたい情報

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

古来、イギリスでは優秀な狩猟犬を誕生させるべく、貴族繁殖家が多数存在しており様々な種類のセッターが存在していました。この数多いセッター種を統一させるべく検討され、イギリス原産のイングリッシュ・セッターが誕生しました。ベースとなる犬はルーエリン・セッターであるといわれており、これに各種スパニエル系やポインターを交配し、陸地及び水中も得意な鳥猟犬として使われるようになりました。

鳥猟犬として最大の特徴は、獲物を見つけた時に「セッティング」と呼ばれる伏せの体制で獲物がいる事を、飼い主に知らせる能力とマラソン選手並みのスピードとスタミナを持続させる事を特化したことにあります。

近年に入ってからは、この犬の性格や均整の取れた外観からショードッグとしての改良も試みられます。これにより、同じイングリッシュ・セッターでも容姿が異なるタイプが出現することになりました。

体高は61〜68センチ、体重は23〜29キロの大型犬で平均寿命は12〜14年といわれています。

 

イングリッシュ・セッターの性格・しつけ

猟犬タイプ、ショータイプともに性格は温和で他の犬や人とも仲良くできる陽気な犬です。水遊びやボールを追いかけたりなど遊ぶことが大好きな犬です。ショータイプといえども、本来は猟犬ですので、毎日1時間程度の散歩は必要です。

イングリッシュ・セッターのお手入れ

両タイプとも長短の違いがありますが、胸や腰周り、尻尾に飾り毛がありますので、週に2〜3回程度のコーミングや2ヶ月に1回程度のトリミングが必要です。被毛色は斑点のある「ベルトン」と呼ばれるカラーを持っており、レモンベルトンやブルーベルトン、ブラックベルトンなどが一般的です。この被毛色を作り出す際に近親交配などが行われた為に、同じ毛色の犬同士を交配させると高確率で先天性の盲目や聴覚障害などの遺伝的疾患が発症します。

 

イングリッシュ・セッターのかかりやすい病気

また大型犬特有の股関節系疾患、皮膚病にも注意が必要です。

 
 

関連カテゴリ