2015年4月29日更新

ウィペットの飼い方・性格情報まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ウィペットと聞いてドッグレースを思い浮かべる方も少なくないでしょうが、一説にはドッグレース用のウィペットと家庭犬やドッグショー用のウィペットは異なった交配がされていると言われています。現在はドッグレースに用いられる犬種はグレイ・ハウンドが主になっていそうです。ウィペットとの歴史には諸説ありますが、どの説にもグレイ・ハウンドが深く関わっており、この2種は見た目もとても似ています。どちらの犬種が先に存在したか、どの様な交配がされたかなどは様々な説があり、現在も統一されていない様です。

 

サイズ

中型犬に分類されていますが、大きさや体重も個体差が大きく、体重は10kgから20kg程まで様々の様です。日本でも人気の高いイタリアン・グレイ・ハウンドとも似ていますが、通常であればウィペットの方が大きく、筋肉質です。ただ、血筋によってはかなり小さいウィペットもおり、大き目なイタリアン・グレイ・ハウンドと思われる事もあるそうです。

寿命・特徴

寿命は13年前後と言われていますが、血筋、個体差が大きく、寿命が長いものでは15年以上のものも少なくない反面、10年又は10年弱のものもいるようです。イギリスで改良が進められたものとアメリカで改良が進められたものでも大きさや性格、寿命など同じウィペットでも様々な違いがあると言う意見も聞かれます。

毛色は単色から混合色まで様々な色があります。走る姿は躍動感にあふれ、とても美しく、その姿に魅了される方も少なくないでしょう。馬を鞭打ち走らせる様な姿から鞭打つ(whipped)が語源とも言われています。

 

飼い方

暑さや寒さに弱いため、野外での飼育はお勧めできません。散歩などで外出する際も暑さや寒さ対策を欠かすことのない様気をつけてください。

運動量も必要とするため安全に遊べる広い庭などがある家庭にむいています。集合住宅でも飼う事が可能でしょうが、日々相当量の運動ができるスペースが身近にある、又は毎日長距離の散歩ができる方でないと難しいのではないでしょうか。高い運動能力を得るために改良された犬種であると理解し、日々の運動を適正に行えば長い寿命も期待できるのではないでしょうか。

性格

性格はその血筋によっても大きく変わる様ですが、一般的には温和で誰とでも友好的に接する事ができ、おとなしく、少々神経質でもあると言われています。

かかりやすい病気

発症しやすい病気は皮膚の病気が挙げられますが、多くの場合日々のケアで予防ができるものが多い様です。しかし、麻酔などに敏感な犬も多いと言われていますので、ケガや病気はもちろん、検査などで麻酔や鎮静剤が必要になる場合にはウィペットに関して知識や経験が豊富な獣医師と十分に相談をする事をお勧めします。知識不足や経験不足による麻酔や鎮静剤などの使用で寿命を縮めてしまう事がない様に飼い主としても病院や獣医師を慎重に選ぶ必要があると思います。

また、血筋によっても発症しやすい病気があると言われているので、事前にどう言った病気が発症しやすい血筋かを確認する事をお勧めします。

 
 

関連カテゴリ