2016年4月30日更新

シー・ズーの性格や飼う時の注意点をまとめました!

シーズーの特徴

チベット犬とペキニーズの交配により作られた犬種です。どちらの犬種も宮廷や王朝で愛されていた昔からのコンパニオン犬ですので、犬種改良目的の交配から誕生したという訳ではないようです。ルーツが寒冷地の犬という事で下毛が密生しているのが特徴の一つです。特に冷えやすい四肢の毛はモコモコしていてぬいぐるみの様に可愛らしいスタイルです。

毛が長く多いため、もつれやすくブラッシングは欠かせませんが、季節などにより毛が抜け替わる事はありませんので、室内で飼いやすい犬種です。

毛色はブラック&ホワイト、ブリンドル&ホワイト、ゴールド&ホワイト、ブルー&ホワイトが一般的ですが、生まれてから毛色が変化する性質を持っていますので、特に「決まった毛色でないとシーズーではない」や「違う毛色だから異常」というわけではありません。

シーズーのかかりやすい病気

【関連記事】シー・ズーの病気〜獣医師が解説するシー・ズーのかかりやすい病気〜

気になる遺伝性疾患や病気については呼吸器疾患やアレルギー性の皮膚疾患を発症する事が多いと言われています。また、眼球が大きいため、傷がつきやすく早期に白内障になる懸念があります。普段の生活の中では、被毛が目にかからない様にするなどの配慮が必要です。垂れ耳のため、耳の中が蒸れやすく外耳炎になる可能性が高いです。

シーズーのサイズ・寿命・性格

個体の大きさは体重5〜8キロ、体高は25センチ前後の小型犬に分類されます。平均寿命は13〜14年といわれています。性格は基本的には無駄吠えも少なく陽気ですが頑固な一面を持っていますので、服従訓練は根気よく躾ける必要があります。子どもや他の犬とも友好関係を上手に築く事が出来る犬種ですので、初めて犬を飼われる方や子どもや高齢の方がいらっしゃるご家族でも飼育が可能です。

シーズーの飼い方

多頭飼いもしやすい犬種と言われています。運動量はそれほど必要はありませんが、出来れば毎日30分程度の散歩は行うのが望ましいです。

シーズーについて詳しく知りたい方はこちら
シーズーの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

これができれば愛犬のしつけやお世話が楽になる!リラックスポジションを教えよう

犬のリラックスポジションという言葉をご存知ですか?リラックスポジションは犬をしつけたり、お世話したりする上でとても有意義なトレーニング。リラックスポジションができるようになれば、愛犬がどんな……

犬の心を読む訓練

アイリッシュ・テリアのしつけ・遊び方・お手入れ・ケアまとめ

アイルランドを代表する最も古いテリア種のひとつで、その代表的な被毛の色からレッドデビルのあだ名も持っています。キツネやイタチから家畜を守る為に作られた犬種の為、テリア気質が色濃く残る種でもあ……

犬の習性

ミニチュア・プードルの歴史、性格、寿命、特徴、お手入れ法は?

ミニチュア・プードルの歴史 ミニチュア・プードルはトイ・プードルよりも大きく、ミディアム・プードルよりも小さい犬種です。 ルーツはトイ・プードルと同様に、スタンダード・プードルが小型……

犬の習性

犬を多頭飼いをしたいと思った時のために。知っておくべき基礎知識を解説

「飼い犬が家にひとりでいる時間が長くて可哀想、犬がもう一匹いたら寂しくなくなるのではないか…」と考えたことのある方は多いと思います。しかし、犬は飼い主の人達の愛情を独り占めし、幸せを感じなが……

犬のストレス

ボルゾイの性格、特徴、歴史、気になる寿命をご紹介。

ボルゾイの歴史 古来はロシアの貴族・王族が好んで飼育し、狼狩りなどの狩猟犬として活躍していました。 その大きさはアイリッシュ・ウルフ・ハウンド、グレート・デンに次ぐ大きさです。立ち上……

犬の習性