2015年4月29日更新

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの寿命・特徴・飼い方

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ウェルシュ・コーギー・カーディガン含むコーギーは胴長短足の愛らしい姿で日本でも大変人気になりました。しかし、運動量が多い、警戒心が強く扱いづらい、よく吠える、椎間板ヘルニアになりやすいなどの理由からピーク時に比べると街中などで見かける頭数も少なくなってきています。

 

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの寿命・特徴

平均寿命は11年前後と言われています。
しかし、ブームによって無理な繁殖がされたためか、又は初めて犬を飼ったと言う方も少なくなかったためか、理由は定かではありませんが平均寿命まで生きなかったという話も多く聞かれます。ルーツに関しては諸説あり、いまだ解明されていない点が多い様ですが、初期には番犬や作業犬として活躍をしていたと説があり、その後、その賢さや能力が評価され牧羊犬として活躍した様です。

日本の家庭で飼う上で短所と言われがちな運動量の多さ、警戒心の強さ、吠える行為は牧羊犬や番犬としては長所と言えます。この犬種を飼いたいと思っている方はこの犬種の特性をよく理解してから飼ってほしいと思います。成犬時の体重は11kgから20kg弱と個体差も大きいようです。小型犬に区分されるか、中型犬に区分されるかは国や団体によって異なります。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの性格

性格は忠誠心があり、賢く、勇敢です。警戒心が強く、知らない人や動物に対し吠えたり、時に攻撃的になったりします。警戒心を和らげるためには小さな時から多くの人や動物などと触れ合い、警戒しなくても大丈夫だと安心感を与える事が効果的と言う意見も聞かれます。

 

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの毛色

毛色は様々な色があります。以前は断尾が一般的におこなわれていた様ですが、家庭犬として飼う場合は断尾をする必要性はありません。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンのかかりやすい病気

特有の病気は椎間板ヘルニア、尿結石、皮膚病などの発症が多い様です。胴長短足の犬種に起こりやすい椎間板ヘルニアですが、運動不足などによる筋肉量の不足や肥満によってその発症が早まってしまう事のない様、気をつけてください。

近年、この犬種の変性性脊髄症(DM)の発症が多く報告されていると聞きます。椎間板ヘルニアでも似た症状が出る事があるため、早期に変性性脊髄症と診断されるかはその獣医師の知識や経験値によって異なると思います。しかし、変性性脊髄症は現状その治療法が確立されていないため、早期発見ができたとしても治療は困難だとも言われています。早期発見ができれば日々のケアの方法も変わってくるはずですし、それによって寿命が少しでも長くなる可能性があるかも知れません。

早期発見ができれば飼い主としてその残された寿命をどう過ごすかを十分に考える事もできるのではないでしょうか。この病気は発症理由が定かではないとも言われ、健康な血筋の犬であっても発症の可能性がないとは言えません。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンのお手入れ・ケア

手入れは日々のブラッシング、爪切り、耳掃除、定期的なシャンプーなど、さほどの手間はかかりません。手入れの手間はさほどかからないものの、日々の変化を見逃すことのない様気をつけることがより長い寿命につながる可能性が高いのではないでしょうか。

 
 

関連カテゴリ