2015年5月1日更新

ゴードン・セッターの特徴や寿命など

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スコットランド原産のこの犬の起源は、ブラック・アンド・タン・セッターであるといわれ、この犬の改良に尽力したゴードン公爵の名前をとり、ゴードン・セッターと名付けられました。数あるセッター種の中で一番大きく、骨太な体格をしています。この体格により、他のセッターのような俊敏性に欠けるものの、忍耐力とスタミナはずば抜けており、見つけた獲物を飼い主が来るまで、長時間見張っている事が出来るといわれています。

最も忠実な鳥猟犬として高く評価されているこの犬は、鳥猟における天性の才能を持ち、全く実猟の経験がない犬でも素晴らしい才能を発揮するといわれています。また、一度行った訓練を忘れる事はなく長期間のブランクがあっても見事に感を取り戻し、その能力を発揮すると絶賛されています。

 

ゴードン・セッターのサイズ・寿命

体高は58〜69センチ、体重は20〜36キロの大型犬で平均寿命は10〜12年といわれています。

ゴードン・セッターの特徴

好奇心旺盛で天真爛漫な性格で知性が高く、服従訓練や躾も良く入る上に飼い主とその家族に忠実で、深い愛情を表現する性質は、家庭犬として最適な犬種のひとつです。被毛は直毛またはウエーブがかかった密集して生えるコートで、耳と四肢に生える飾り毛と背中に天使の羽のように生える長い飾り毛が特徴的です。被毛色はブラックアンドタン、又はブラック単色で絹糸のように光沢があります。

 

ゴードン・セッターのお手入れ

お手入れは1日おき程度でブラッシングやコーミングと2〜3ヶ月に1回程度のトリミングやむだ毛の処理を行うようにしましょう。運動量は比較的多い方ですので、毎日2回程度、小1時間程度の有酸素運動を取り入れたジョギングや早歩きの散歩などを行う必要があります。

ゴードン・セッターのかかりやすい病気

気になる遺伝性疾患としては眼病、股関節系疾患などがあげられています。

 
 

関連カテゴリ