2015年5月1日更新

エアデール・テリアの寿命・性格などの知っておきたい情報まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

イギリスのエアー渓谷でカワウソ猟を手伝う使役犬として活躍していた犬が、地名に由来しエアデール・テリアと名づけられました。テリア種の中で、一番大きな体格を持つこの犬は「テリアの王様」の別名を持ちます。

サイズだけではなく、その狩猟能力も王様級で、足が長い体格から穴に潜り込む猟は不得意ですが、それ以外の水場、陸地ではオールラウンドに使える猟犬として高い評価を得ています。また、テリア特有の性質をいかんなく発揮し、自分よりサイズの大きな大型動物にも勇猛果敢に立ち向かうことから、大型野生動物の猟にも使える数少ない犬としても有名です。

この勇敢さから警察犬や軍用犬としても採用され、その後は家庭犬としても愛されるようになり、ディズニー映画の「わんわん物語」に出てくる「トランプ」はエアデールテリアがモデルとされています。

この犬の祖先は被毛の毛色からブラック・アンド・タン・テリアが有力とされており、これに他のテリア種やスパニエル種、ハウンド系を交配した結果、足の長い現在の姿に改良されたと考えられています。

 

エアデール・テリアのサイズ・寿命

体高は56~61センチ、体重20~27キロの中型犬で、平均寿命は11~14年といわれています。

エアデール・テリアの特徴・性格

被毛は柔らかく密集した下毛と硬く粗めの短毛のダブルコートです。抜け毛はあまりありませんが、週に1~2回のコーミングと1~2ヶ月ごとにクリッピングで体毛を引き抜くトリミングが必要です。

性格は飼い主に忠実で従順、服従訓練、躾もはいりやすいタイプです。テリア種にありがちな頑固な面が見受けられる場合がありますが、子どもとも仲良く遊べます。

 

エアデール・テリアを飼うときの注意点

多頭飼いについては、小さな犬を統率する場合は問題ありませんが、同クラスやそれ以上の大きさの犬の場合はリーダー争いで問題が起こる可能性がありますので注意が必要です。

運動量は比較的多いほうですので、毎日1時間程度の長めの散歩は必要でしょう。

エアデール・テリアのかかりやすい病気

健康で丈夫な犬で遺伝性疾患はありませんが、股関節系の疾患が稀に報告されています。またテリア種に多い皮膚炎になりやすい傾向があります。アレルギーや食餌については、入手先で確認をし、注意するようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ