【獣医師監修】辛くて痛い口内炎。実は犬にもできてしまうのです

一度は経験してしまう「口内炎」。痛くて勉強や仕事に集中できないし、ご飯は食べづらくなるし、良いことなんて一つもありませんよね。

実はその口内炎、犬もなってしまうことがあるのです。どうすれば愛犬の口内炎に気付いてあげられるのか、口内炎の予防と治療法も合わせて紹介するので、参考にしてみて下さい。

 

口内炎の症状

犬の口内炎の症状は、人の場合とほとんど同じです。

  • ・食欲がなくなる。
  • ・歯茎や口元を気にして、口を鳴らしたりする。
  • ・口の中が腫れる。ひどくなると爛れる。
  • ・口が臭くなる。元々臭い場合はもっと臭くなる。
  • ・大量のよだれが出る。

このような症状がみられたら、一度、愛犬の口の中をよく確認してみましょう。口内炎になっていたら、きちんと治療をしなくてはなりません。

 

口内炎の原因

口内炎は全身性の病気の一症状として生じる場合と、口そのもののケガや病気で起こる場合とがあります。

口内炎を一症状とする疾患の代表的なものとして、感染症であるレプトスピラ症と自己免疫疾患である天疱瘡と呼ばれる病気があります。また糖尿病、腎臓病、ビタミン欠乏症などもある程度進行すると口内炎が発症します。

病気の進行度によって口内炎の程度も変わります。また、病気の種類により口内炎以外の症状も同時にみられます。

 

口内炎の種類

潰瘍性口内炎

口の中の免疫力が弱まり、細菌に感染したしまった時に口内で起こる炎症です。多くの場合急激に発症し、「潰瘍」という名前のとおり爛れたような酷い炎症を起こすので、強い痛みから食欲が減退します。

また、症状が進行すると、潰瘍により歯肉がおかされてしまいます。発見したらできるだけ早く治療を始めましょう。

壊死性口内炎

老犬や、病気になって体力が弱っている犬が起こしやすい口内炎です。歯周病を起点とするケースが多く見られ、歯肉に潰瘍をつくります。

一度完治しても再発しやすい特徴があるので、かかった経験のある愛犬がいるなら、特に注意して観察することが大事でしょう。

 

口内炎の治療

まずは口内炎を引き起こしている病気がある場合には、その治療が大前提です。それと合わせて、口内炎の症状を抑える抗炎症剤や、抗生剤を投与します。

口内炎の予防

人と同じで、まずはお口をきれいに保ってあげましょう。歯周病予防のための犬のオヤツや歯ブラシなど色々なグッズが市販されているので、試してみると良いでしょう。また、歯周病を予防する意味でも、ひどい歯石は動物病院でとってもらいましょう。

体力が低下している場合には、高タンパクの食事などでしっかり栄養管理をしましょう。

口内炎は病気のサイン。しっかりと気付いてあげよう

意識をせずに接していると、口内炎にはなかなか気付いてあげることができないかもしれません。

口内炎の症状で愛犬が苦しむだけでなく、口内炎の裏に何か大きな病気が潜んでいることもあるので、普段から愛犬の口内をチェックする習慣をつけるとよいでしょう。

関連記事