2016年6月23日更新

【必見!】猫の自動給餌器おすすめ10選

留守の時間が長い家庭や、仕事などが不規則で、猫にご飯を上げにくいなどという時、自動給餌器、オートフィーダーがあると大変便利です。置き餌をしていると一気に食べてしまう猫や、体重管理が必要な猫などにも有効な場合があります。

今回は、猫のための自動給餌器、オートフィーダーのお勧めをセレクトしてみました。

※特に記載がないものについても、基本的にはドライフードを給餌するものとお考えください。

猫のための自動給餌器 オートフィーダー

※価格は2015年7月現在のものです。順不同。

LUSMO ルスモ ペットフードオートフィーダー

24時間の時計設定が付いているオートフィーダーです。ドライフード専用。電源は乾電池なので置く場所を選びません。猫の他、小型犬にも使用可能。

カラーはピンク、イエロー、オレンジがあります。スイッチ、メモリー機能付き。

給餌設定:最大3回(24時間リピート)。給餌量:5g~80g / 回 。単1アルカリ乾電池×4本(別売)を使用します。

価格

15,984円

素材:本体・フードタンク:ABS トップカバー:PC 皿:PP

サイズ(約):22.5×36×34cm

重量(約):1500g

原産国:タイ(企画・デザイン日本)

おるすばんフィーダー 2食分

急な外出などに使える、2食分の給餌器です。タイマーをセットすると、設定した時間にフタが開いて給餌することができるフードボウルとなっています。小型犬にも使えます。

トレイは取り外して洗えます。トレイの下に保冷剤を入れるスペース付き。2食分が入るので、多頭にもおすすめです。

価格

6,048円

素材:プラスチック
サイズ(約):幅26×奥行21×高さ8cm
重量(約):324g
容量(約):355ml×2
原産国:中国(企画・デザインアメリカ)

ottostyle.jp 自動給餌器 オートペットフィーダー(4 食トレイ)

4食トレイ/1食当たり450ccタイプ(水・氷入れ付)と、6食トレイ /1食あたり240ccタイプがあります。

今回は4食タイプのご紹介です。最大4回分のエサを自動給餌できる給餌器です。約8秒の音声を録音でき、給餌の時間に自動再生が可能です。時計設定なので毎日同じ時間に決まった量を上げることができ、フタがスライド式で静かに開きます。一番上のフタを外すと保冷材や水も入れる事が可能となっています。

分解も簡単ですので手入れが楽です。本体(黄色い部分)以外は水洗い可能なのでいつも清潔に使えます。単2型乾電池4本使用(別売)。

価格

4,480円

素材:ABS樹脂・PP樹脂他

サイズ(約):幅32×奥行32×高さ13cm

重量(約):1.4kg(4食トレイ)  1.3kg(6食トレイ)

大容量5.6L、音声録音機能、タイマー付き  自動給餌器 オートペットフィーダー

大容量タイプのオートペットフィーダーです。音声録音が可能なので、セットした時間に飼い主の声で給餌してくれます。

給餌の量は12段階設定可能です。タンク容量:(約)最大5.6L(トレー容量0.1L含む)。給餌量:(約)最小75ml~最大900ml
設定日数:1日 電源:単1アルカリ乾電池3本使用(別売)。電池残少ランプ付きなので、電池の残量も一目でわかります。ドライフード専用です。

価格

4,880円

素材:ABS樹脂・PC樹脂

サイズ(約):W21.8cm×D39.6cm×H38.6cm

重量(約):1.7kg

アイリスオーヤマ ペット用自動給餌器 アイボリー JQ-350

ペットフードと水が少なくなるとそれぞれの自重で自動的に給餌・給水するペット用の食器です。

市販の500mlペットボトル(外径28mm)を使用します。掃除に便利なフードストッパー付き。

収納の目安:ドライフード1.5kg

価格

1,644円

素材:ABS、PP

サイズ(約):35×27.5×34.7cm

重量(約):816g

5L自動給餌機 猫犬小動物/ペットフィーダー COM-KPF300

5リットル=約23カップ前後の給餌が自動でできるフィーダーです。給餌量は設定が可能です。(最小:1/4カップ~最大:3カップ)1日1回~3回まで給餌回数設定もできます。本体は、餌がつまらない特別設計。

メッセージが録音可能なので、飼い主の声などで給餌が出来ます。(一日3回、1回10秒ぐらい)

ローバッテリーインジケーターで電池残量を知らせるため、電池切れの心配がありません。スケジュール終了時はアラームがなります。

また、フードトレイを取り外して綺麗に洗えるので清潔に保てます。フタが簡単に開かないように回転式ロックがかけられます。

マニュアルは英語。単1電池×3本(別売)が必要。

価格

9,980円

サイズ(約):幅21.8×高さ38.8×奥行き38.6mm

重量(約): 1.7kg

オートペットフィーダー ペット用自動給餌器  KPF100

タンク型の、10.5リットルと大容量の自動給餌器です。音声録音機能付きで、飼い主の声などで給餌をすることが可能です。

1日から99日まで、1日4回までタイマー設定できます。フードの量を10段階から選択可能。給餌 量:最小約70cc-最大約700cc。

ドライフード専用。単1形アルカリ乾電池4本使用(別売)が必要です。

価格

6,980円

素材:ABS、PP

サイズ(約):W25×D44×H36cm

重量(約):2kg

ケッセルジャパン 自動給餌器PD-06

丸い形をしている自動給餌器です。6食分に対応(約180cc×6食)します。6・12・24時間タイマーが付いているので、自分で給餌の間隔を決めることが可能です。ワンタッチ脱着カバーなので、掃除などが楽で、清潔に保つことができます。

設置場所を選ばない9Vアルカリ乾電池を採用。

価格

9,504円

素材:ABS樹脂、POM樹脂、PP、PE

サイズ(約):径32.0×9224cm

重量(約):1.1kg

原産国:中国

わんにゃんぐるめ

48時間タイマーで、左右時間差セットもOKな自動給餌器です。約160gのドライフードが2回分セットできます。

設定した時間になるとシャッターが開きます。猫の他に小型犬にも使用できます。中のお皿は取り外して洗えます。

カラーはクリアピンク。単3電池1 本付。ドライフード専用。

価格

10,584円

素材::ハイインパクトスチロール樹脂、ポリプロピレン樹脂、ジュラコン樹脂
サイズ(約):幅27×奥行25×高さ8.5cm
原産国:日本

【大容量10.5L、音声録音機能、タイマー付き】 自動給餌器 オートペットフィーダー

音声も録音することができるので、セットした時間になると録音した飼い主の声で給餌してくれる、大容量の自動給餌器です。

給餌の量は10段階設定可能です。猫の他、大型犬にまで使用できるタイプです。電池残少ランプ付きなので、電池の残量も一目でわかります。 タンク容量(約):最大10.5L。給餌量(約):最小70cc~最大 700cc 設定日数:1~99日。

単1アルカリ乾電池4本(別売り)が必要です。ドライフード専用。

価格

6,180円

素材:BS樹脂・PP樹脂

サイズ(約):W25cm×D44cm×H36cm

重量(約):2kg

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫好きさんウェルカム♪猫付きシェアハウスで一緒に暮らしませんか?

「勉強したくない~。将来は猫になりたい…。」とつぶやく息子にキャットフードをお皿に載せておやつに出してやったワタクシ。中1になっても「将来は自宅警備員になりたい」とのたまう息子に、親の老後を……

猫のニュース

ペットショップで購入した猫が病気だと判明。その猫の医療費、請求できる?

ペットショップで可愛い子猫を購入した直後に病気があったと判明。その場合あなたはどうしますか? ペットショップに交換をお願いする?それとも病院に連れて行く?猫を飼い始めて早々のトラブルに……

猫の幸せ

憧れのセレブ猫、サーバルキャットとサバンナキャットはどう違う?飼い方や購入方法などについて

野性的な猫にあこがれる人なら一度は見てみたいサーバルキャットとサバンナキャット。 「ベンガルやオシキャットよりもっと野性的な猫を飼いたい!」と思う人に密かな人気があるようですが、飼い方……

猫の選び方・迎え方

猫を飼いたい!本当に猫を迎える前に自分に問いかけて欲しい3つの質問

猫ブームと言われ、ペットショップでは猫をよく見かけるようになりました。 まだまだ冷めることもなさそうな『猫ブーム』で猫の魅力に気がつき、猫を飼おう!と思う人も少なくないでしょう。 猫を飼……

猫の選び方・迎え方

【必見!】猫の自動給餌器おすすめ10選

留守の時間が長い家庭や、仕事などが不規則で、猫にご飯を上げにくいなどという時、自動給餌器、オートフィーダーがあると大変便利です。置き餌をしていると一気に食べてしまう猫や、体重管理が必要な猫な……

猫の選び方・迎え方