2015年7月21日更新

【東京】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病と言っても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。

できものがある、痒がっている、フケが多い、毛のうすい部分がある/抜けている部分がある、赤くなっている、発疹がある、べたべたしている(あぶらっぽい)など……思い当ることはありますか?

様々な原因がある皮膚病なので、できる事なら皮膚病の治療に強い病院を愛犬のために選んであげたいですね。今回は、東京の皮膚病に強い動物病院を集めてみました。

【関連記事】
犬の皮膚病の原因や対策、種類や予防法【獣医師が解説】

 

東京で犬の皮膚病に強い動物病院10選

(順不同※)2015年7月現在

北川犬猫病院

特徴

皮膚病と耳の疾病を中心に犬猫の診療をしているという病院です。東京のみならず、かなりの遠方から来院する患者も増えているそうです。

年間6千例以上の診療を積み重ねてきたキャリアがあります。皮膚の診療では細菌培養をルーティーンで行って、原因の解明や治療に役立てているそうです。予約優先診療です。

アクセス・連絡先

住所 〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1
電話 03-3958-5370
ホームページ http://www.animal-hifubyou.com/

小滝橋動物病院

特徴

皮膚科専門医による皮膚科専門外来がある病院です。ほかに腫瘍科、眼科、循環器科の専門外来がある等、専門性が求められる病気に対応しています。

皮膚科専門外来は、第2、第4金曜日9:00 ~ 12:00、14:00 ~ 19:00 (予約制)となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒169-0073 東京都新宿区百人町4-9-2 浅美ビル
電話  03-5332-6866
ホームページ http://www.otakibashi.com/index.htm

目白 もとい動物病院

特徴

皮膚科専門医と提携している病院です。ホームページ内に皮膚病のページが設けられています。

体質が問題となるような皮膚病の場合、治る皮膚病ではなく、管理する皮膚病として対処していかねばならないので、飼い主と一緒に考え、日常生活に支障がない生活を送れるように手伝いたいということです。

アクセス・連絡先

住所 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-21-7
電話 03-3565-2213
ホームページ http://www.vet-motoi.com/

四谷どうぶつ病院

特徴

この病院では皮膚疾患に特に力を入れており、なかなか治らない難治性皮膚科疾患にも積極的に取り組んでいます。

確実にアトピー(吸引性アレルギー)の子には減感作療法を勧めていいます。それ以外にも、ストレスに起因する皮膚病や内臓疾患からくる内分泌性皮膚疾患と多種多様な皮膚疾患の原因・症状をじっくり見極め、確実に良い方向へと導きたいということです。予約優先。

グループ病院/吉祥寺どうぶつ病院 〒180-0006  東京都武蔵野市中町3-23-11
電話 0422-55-1715

アクセス・連絡先

住所 〒160-0007 東京都新宿区荒木町18-7
電話 03-5363-5593
ホームページ http://www.yotsuya-pet.com/index.html

日本動物医療センター

特徴

24時間診療を行っている病院です。皮膚科外来は予約制なので、電話で予約が必要です。詳しい症状、治療経過がわかるように問診票に記入します。

セカンドオピニオンを希望している場合は特に今までの検査結果や投薬されていたお薬の情報を伝えてください。食事の内容やシャンプーの方法なども伝えると治療の助けになります。ホームページ内、皮膚科のご案内というページから問診票がダウンロードできます。

皮膚科外来の診療時間は(第2、第4水曜 日)9:00~17:00。

アクセス・連絡先

住所 〒151-0071 東京都渋谷区本町6-22-3
電話 03-3378-3366
ホームページ http://www.jamc.co.jp/index.html

プリモ動物病院 練馬

特徴

皮膚科・アレルギー科がある病院です。病院の名前の後に、動物アレルギー医療センターという名前も付けられています。皮膚科認定医が専属で診察、治療を行っています。

Why(なぜ痒いのか)?What(原因は何なのか)?How(どんな治療法があるのか)?を可能な限り追求し治療の”打率”を出来るだけ上げたいと考えているとの事です。皮膚科は完全予約制。

アクセス・連絡先

住所 〒177-0041 練馬区石神井町1丁目28-7 PET-SPA CARE+CURE内
電話 03-6913-3361
ホームページ http://nerima.jprpet.com/

グラース動物病院

特徴

犬猫専門の動物病院です。夜間救急、高度な専門医療なども手掛けるホームドクター的な存在を目指しています。皮膚科については、検査・病理組織学的検査など症状にあわせた検査を行い、適切な治療法を提案します。また、水曜日には外部からの専門医も招いての診療があります。

アクセス・連絡先

住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-4-9
電話 03-3220-2717
ホームページ http://grace-ah.com/index.html

目黒動物医療センター

特徴

診療科目の中に、皮膚科・マイクロバブル という項目がある病院です。どの原因からくる皮膚病かを突き止め、原因によってはマイクロバブル浴を用いるとの事です。(感染性皮膚疾患、アレルギー性皮膚疾患においては、かなりの効果が認められるそうです。)

薬用シャンプー、マイクロバブル浴を併用する事により、内服薬を使わずに皮膚病が治るケースも多いそうです。

アクセス・連絡先

住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-37-18
電話 03-5720-1211
ホームページ http://www.meguro-ah.com/index.html

マミー動物病院

特徴

犬猫専門の動物病院です。特に専門知識の必要な腫瘍科、皮膚科にも力を入れている、となっています。

ホームページのブログコーナー、カテゴリー「皮膚科」に、皮膚科関連の記事が写真付きで掲載されています。予約は特に必要なし。(手術時間は予約制)

アクセス・連絡先

住所 〒190-0034  東京都立川市西砂町1-80-8 プレミール105
電話 042-531-3912
ホームページ http://www.m-ah.net/

パティ動物病院

特徴

犬猫専門の動物病院です。治療方針は通院負担を減らす、治る病気は直す、慢性疾患とは良い状態で付き合えるようサポートする、となっています。

犬では消化器科、耳鼻科(外耳炎)、皮膚科、歯科などに力を入れて治療をしており、実績もあるそうです。皮膚病については治るものか、一生付き合うものかを判断し、完治するものについては再発防止のケア指導をします。

また一生付き合っていくものなら、長期的に使用しても問題の出にくいものを選択し、最低限の治療で維持できるようにするとの事です。

アクセス・連絡先

住所 〒112-0012 東京都文京区大塚3-19-10 文京KSビル1F
電話 03-3945-4976
ホームページ http://www.pati-clinic.com/

番外編

ASCどうぶつ皮膚病センター

特徴

1997年日本初の専科診療施設として調布に開設された病院です。二次的な施設なので飼い主からの依頼は受けていませんが、かかりつけ医と提携した皮膚科遠隔医療を行っているところなので、かかりつけ医から所定資料を送り、電話で担当の獣医師と検討をしてくれます。

遠隔医療に際し、皮膚病理検査も同時に受け付けています。

アクセス・連絡先

住所 〒182-0012 調布市深大寺東町1-3-2
メール contact@asc.jp
ホームページ http://www.asc.jp/

 
 

関連カテゴリ