2015年7月21日更新

【大阪】犬の皮膚病に強い動物病院 10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

皮膚病にかかる動物(犬や猫その他)は大変多くなっています。皮膚病といっても様々で、アレルギー、感染、角化、ホルモンによる病気などがあります。また、複合的に発症しているケースもあります。

できものがある、痒がっている、フケが多い、毛のうすい部分がある/抜けている部分がある、赤くなっている、発疹がある、べたべたしている(あぶらっぽい)など……思い当ることはありますか?

様々な原因がある皮膚病なので、できる事なら皮膚病の治療に強い病院を愛犬のために選んであげたいですね。今回は、大阪の皮膚病に強い動物病院を集めてみました。

【関連記事】
犬の皮膚病の原因や対策、種類や予防法【獣医師が解説】

 

大阪で犬の皮膚病に強い動物病院10選

(順不同※)2015年7月現在

クッキー動物病院/ドルチェ

特徴

皮膚科認定医による皮膚科専門診療を行っている病院です。

一般診療だけでなく、皮膚科・統合医療・心臓の治療などに力を入れているクッキー動物病院と、獣医師の経験を元に開発した、メディカルスキンケア療法による薬浴治療・トリミングを行っている分院、Dolce(ドルチェ)があります。

クッキー動物病院で行う医学的治療と、分院であるドルチェで行っているスキンケア療法という2つの方法を軸にして、最新皮膚科学を常に取り入れながら皮膚治療が行われています。

アクセス・連絡先

クッキー動物病院
住所 〒591-8041 大阪府堺市北区東雲東町3-6-20
電話 072-251-1616

ドルチェ
住所 〒591-8004  大阪府堺市北区蔵前町1-1-3
電話  072-204-4112

ホームページ http://www.cookie-ah.com/index.html

泉南動物病院

特徴

こちらの病院では皮膚病の原因を見極めるため、スタンプ検査、掻爬検査、血液IgE検査、病理検査などを症状に合わせて行い、
原因の究明にあたるとの事です。症状によって動物と飼い主が望む最善な治療を相談していきます。

特に「どんな病気に今までかかっているか、どんな治療をしたか、どんな薬を内服し、外用したか」ということが重要なので、今までの病気の経緯をわかりやすく整理しておくと診察がスムーズになるようです。

アクセス・連絡先

住所 〒590-0451 大阪府泉南郡熊取町野田3-2297-1
電話 072-453-0298
ホームページ http://www.sennan-ah.com/

アルバ動物病院

特徴

腫瘍科・皮膚科検診に力を入れている動物病院です。最新の獣医療と地域密着型の優しい治療の両立、あらゆる治療に対応できる
動物病院を目指しているとの事です。インフォームドコンセントを大切にして、飼い主と二人三脚で治療していきたい、というスタンスだそう。

ホームページにリンクしてあるブログでは、里親募集なども行っており、ボランティア精神もある病院です。

アクセス・連絡先

住所 〒573-0011 大阪府枚方市中宮山戸町5-11
電話 072-807-5010
ホームページ http://www.alba-ah.jp/

ふくだ動物病院

特徴

犬の病気、特に皮膚病を中心に診療しているという病院です。ホームページにも皮膚の病気についてのページがあり、ノミアレルギー性皮膚炎、脱毛症の原因と症状、治療方法が掲載されています。

オフィシャルホームページのほか、わんちゃんの病気.comというページも作られています。高い技術と数多くの手術実績を持っており、他院で断られた動物の難症例治療にも対応しているとのことです。

アクセス・連絡先

住所 〒599-8241 大阪府堺市中区福田871-1
電話 072-239-2211
ホームページ
http://www.fukuda-vet.net/
http://www.fukuda-dog.com/(わんちゃんの病気.com)

ノア動物病院

特徴

皮膚病・アレルギーに関しても力を入れている病院です。血液検査によって、草や樹木、病原体や食物、ハウスダストなど92項目についてアレルギーの可能性がないか調べることが可能となっています。

獣医師処方の薬用シャンプーのほか、ナノバブルとオゾンシャワーによる洗浄も行われています。

アクセス・連絡先

住所 〒560-0085 大阪府豊中市上新田2-14-3
電話 06-6835-2022
ホームページ http://www.noah-ah.jp/index.html

北里動物病院

特徴

インフォームドコンセントを重視し、新しい診断技術、治療に力を入れながらもアットホームを目指しているという病院です。

皮膚病の場合の診断の流れとしては、視診、問診により症状の合致があるかどうかを確認し、皮膚そのものの状況を観察。二次感染の有無をチェック、皮膚病によっては皮膚掻爬、抜毛によるダニの確認などを行います。

また、病気によっては血液検査、超音波エコー検査、ホルモン測定、アレルギー強度検査なども行われます。

アクセス・連絡先

住所 〒562-0033 大阪府箕面市今宮3-26-45
電話 072-749-0046
ホームページ http://www.kitasenri-ah.jp/index.html

ゆう動物病院

特徴

皮膚科に力を入れているという病院です。他院で治療中、セカンドオピニオンをしたいという場合も相談してほしいとのことです。

皮膚科の検査としては皮膚の直接鏡検、皮膚掻爬検査、毛検査、細菌培養、真菌培養、血液生化学検査、ホルモン検査、アレルギー検査(血液検査)(ハウスダストマイト・樹木・雑草・真菌・食物等)、皮膚生検などを実施しています。

アクセス・連絡先

住所 〒560-0003 大阪府豊中市東豊中町6-15-36-102
電話 06-6857-0081
ホームページ http://www.you-ac.com/index.php

ピース動物病院

特徴

皮膚科治療全般および、アレルギー性皮膚病でのセカンドオピニオンも受けているという病院です。皮膚科の中で特に治療に力を入れているのは犬の皮膚アレルギー性疾患である犬アトピー性皮膚炎と食物アレルギーだそうです。動物と飼い主に合わせたオーダーメイドでの治療を行っています。

アクセス・連絡先

住所 〒577-0848 大阪府東大阪市岸田堂西1-2-2
電話 06-6753-7542
ホームページ http://peace-vs.com/index.html

ガーデン動物病院

特徴

皮膚科外来がある病院です。皮膚科外来では、初診時に十分な問診を行い、必要な検査を実施して原因を絞り込み、治療に入ります。(初診60分、再診30分)

皮膚の状態、ペットのその他の健康状態、飼い主の希望を全てバランス良く解決できるような治療計画を提案していくとのことです。

流れとしては予約-診察-問診票の記入-問 診、身体検査-皮膚の簡単な検査+必要な検査-説明、治療-治療スケジュールの相談、となっています。薬浴、マイクロバブル等の設備有。

アクセス・連絡先

住所 〒596-0812 大阪府岸和田市大町121-3
電話 072-440-0689
ホームページ http://www.garden-ah.com/

ふじむら動物病院

特徴

ホームページに「アレルギーは任せてね。一般の病気もしっかり診ます。重度の場合、各専門獣医に紹介します。」と記載があります。

犬のアレルギーの診断、治療を専門としている病院で、診療方針は薬物療法(対症療法)以外、アレルゲン同定・検査、回避、制御が中心となっています。新規治療 舌下急速減感作療法(免疫療法)も受けることが可能です。

アクセス・連絡先

住所 〒562-0022 大阪府箕面市粟生間谷東5丁目10-26
電話 0727-49-5225
ホームページ  http://fujimura.webcrow.jp/allergy_001.htm

 
 

関連カテゴリ