2017年6月10日更新

犬や猫と気持ちよく過ごすために。ペット同伴可の施設で守りたいルール

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットが家族の一員だと考える飼い主さんが増えて、最近ではペット同伴で入れる施設が増えてきました。

ペット関連の商品を扱う店はもちろんのこと、テーマパーク、キャンプ場、水族館、ショッピングモール、百貨店などあらゆるジャンルでペット同伴を認める施設が増えてきています。

その一方で心無い飼い主さんの行動が問題となって、同伴許可を取り消す施設もあると聞きます。施設を利用する人たちの多くはペット同伴ではありません。

ペットの同伴を良く思わない人もいれば、そもそも動物嫌いの人もいるのです。

今回はペット同伴可の施設で一般客ともトラブルなく過ごすために守るべきルールをご紹介しましょう。

 

施設のついて事前のチェックを忘れずに

一言に「ペット同伴可」と言ってもそのルールは施設ごとに違います。

施設によっては、「ケージに入れなければならない」「ペットの種類が限られる」「ペット同伴では立ち入れないエリアがある」などの制限があります。

ペットを連れて行くなら予め施設のルールを調べておき、不明点は直接問い合わせて確認することが大切です。

施設内では常にペットを監視する

訪れる施設がペットと一緒に歩き回れるようなペットコンシャスな場所だとしても、ペットは常に監視しておく必要があります。

ショッピングモールやテーマパークなどの場合、飼い主さんの意識がついペットから離れてしまいがちですので、ペットから目を離さないようにします。

施設にいる他のお客さんに飛びついたり、吠えたりしないよう管理しましょう。

また、施設内で粗相してしまう場合に備えてトイレシートやタオル、ビニール袋などは用意して行きましょう。

 

エレベーターを利用する場合

マンションなどでも同様だと思いますが、エレベーターなど狭い空間にペットを同伴する場合、他に搭乗している人がいたら「ペットを連れて乗っても良いかどうか」を確認しましょう。

中には動物アレルギーの人、動物怖い人などもいるかもしれませんので乗る前に確認する配慮は必要でしょう。

また、エスカレーターはペットがケージやキャリーケースに入っている場合を除いては利用しない方が良いでしょう。

エスカレーターの利用は、挟まれたりするなどペットに危ない場合も多いからです。

もし、トラブルを起こしてしまったら

万が一、ペットがお店の商品を壊したり汚したりしたら、正直にお店に報告し商品を買い取るようにしましょう。

そのまま放置するような態度は、ペット同伴のルールそのものを脅かしかねません。

一般のお客さんを噛んだり、倒したりで怪我をさせてしまったら、きちんと当事者同士で話し合い、解決することが大切です。

こういったトラブルでは賠償金の支払いが必要なケースも少なくありませんので、ペットオーナーは傷害保険の個人賠償責任補償特約に加入しておくことをおススメします。

愉しみには責任とリスクがあることを覚えておこう

ペットと一緒に過ごす時間や体験は、飼い主さんにとってもペットにとってもかけがえのないものです。

しかしながら、他人を巻き込むトラブルになる可能性がある場合は飼い主さんに責任とリスクがあることを充分に理解しなければなりません。

飼い主さんの責任感が大切

ひとりの飼い主さんの無責任がペット全体への非難となり、解禁されたペット同伴が取り消されることもあるのです。

せっかく得た自由なのですから、ルールを守り気遣いを忘れないことが大切なのではないでしょうか。