2016年5月19日更新

モデルのような容姿で人気の猫、ロシアンブルーの歴史、特徴、飼い方

光沢のある美しい被毛とスリムなボディ、丸くて大きな目、モデルのようなちょっと気取ったルックスで人気のロシアンブルー。

アメリカやヨーロッパ発祥の猫が多い中で珍しくロシアから世界に広まった猫です。

最近では大人しい性格が知られるようになってロシアンブルーを求める人が増えています。今回はロシアンブルーの歴史、特徴、飼い方についてご紹介しましょう。

ロシアンブルーはロシア発祥

ロシアンブルーはロシアのアルハンゲリスク港で自然に生まれた猫が先祖だと言われています。

この猫はロシアの船でイギリスに渡りましたが、その美しさに魅せられた北欧やイギリスのブリーダーによって交配され定着するようになりました。

1860年台には、ロシアンブルーの原型があったことを考えると比較的、歴史の古い猫だと考えられます。

1875年にはキャットショーに出場していましたが、当時はまだ、出身地であるアルハンゲリスクの名に由来した「アークエンジェル」という名で呼ばれていました。

1990年台にはイギリスで血統のひとつとして登録され、ロシアンブルーという名前はこの時に決められたと言われています。

第二次世界大戦中は、多くの血統と同じく数が減少して絶滅の危機にさらされました。

このため苦肉の策としてシャム猫との交配が行われましたが、この交配はロシアンブルーの特徴であるスリムなボディを損なう結果となりました。

その後、わずかに残っていたロシアンブルーとの交配により、再び元のスリムな姿を取り戻し今に至っています。

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーの特徴は何といってもブルーの被毛でしょう。寒いロシア出身のためか、その体は厚いダブルコートで被われています。

オーストラリアのブリーダーによる黒毛のロシアンブルーブラックや白毛のロシアンブルーホワイトも誕生していますが、これらはアメリカでは品種として公認されていません。

また、第二次大戦後に取り戻したスリムなボディはロシアンブルーファンを惹きつける大きな要因です。

丸く大きなエメラルドグリーンの目と相まって、その姿はファッションショーでランウェイを歩くモデルのようです。

ロシアの猫なので気性が荒そうに思えますが、至って大人しく飼い主にも従順だと言われています。

滅多に鳴かないのもロシアンブルーの特徴で、繁殖期でもほとんど声を出しませんのでマンション等で飼っても近所迷惑等を気にしなくても良いでしょう。

ただし、警戒心が強いので見知らぬ人に慣れることは少ないでしょう。

ロシアンブルーを飼う時の注意点は?

ロシアンブルーには特に罹りやすい病気は報告されていません。ただし神経質なところがあるので、常にストレスを発散できる環境が必要です。

運動も好きですのでタワーなどを用意してあげましょう。運動不足になるとロシアンブルーならではのスリムなボディを維持できなくなることもあります。

また、自慢のダブルコートの被毛は短毛で絡んだりすることはありませんので、ブラッシングに時間を掛ける必要もありません。

ブラッシングは健康のためにも毎日行うのが理想ですが、簡単に毛並みを整えホコリなどを落としてあげるだけで充分です。

頭が良い猫なので絶好のパートナーに

ロシアンブルーはほとんど鳴き声をあげませんので、初めて飼う場合は気持ちが読めないこともあるかもしれません。

鳴き声をあげなくてもボディーランゲージで気持ちを伝えてきますので、そんなちょっとした仕草に注意を払ってあげることが大切でしょう。

頭の良い猫ですので、飼い主さんにとって絶好のパートナーになってくれるはずです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫の食欲がない!体調不良で食べてくれない時のお役立ちフード

病気やケガ、老齢などで猫が食事をしてくれない…とても心配してしまいますよね。 ただでさえ弱っている時に食べてくれない状態が続くと一気に衰弱してしまうこともあります。そんなことにならない……

猫に必要な栄養

雄は体重8キロにもなる大型猫。ピクシーボブのルーツ、特徴、飼い方について。

ピクシーボブは雄は8キロ、メスでも6キロに成長する大型猫です。歩いている姿はまさに大型ネコ科動物で、見た人が皆「あれ、なに?」と驚くというのも頷けます。今回はピクシーボブについてご紹介しまし……

猫の健康と病気

手こずっている飼い主さん必見! 猫への上手な投薬方法について

どうしてもこの薬を飲んでもらわないと困る!そんな飼い主さんの痛切な思いは、残念ながら猫には通じません。 フードに薬を混ぜても“ペッ”、直接錠剤を口に入れようとしても頑として口を閉ざした……

猫の言葉・気持ち

猫の目を見て健康管理! 猫の目のチェックと手入れのポイントとは?

猫の目を毎日チェックしているでしょうか?実は目の色や目やにの色など、細かい点に気をつけてみることが病気の早期発見などにもつながります。 猫の目やにがひどい時は細菌感染などになっている場……

猫の目のお手入れ

根強い人気のアメリカンショートへアの性格や特徴、飼うときに気をつける注意点について

アメリカンショートヘアってどんな猫? 名前のとおり、アメリカを代表する猫です。先祖はメイフラワー号と一緒に、英国から未開の大陸であったアメリカに開拓民たちと一緒に上陸しました。当時はネズミ……

アメリカンショートヘア

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に塗り薬を使用するとき注意するべきことは?

愛犬・愛猫がケガや病気をしたとき、自宅で軟膏などの塗り薬を塗ってくださいといわれることがあるでしょう。塗り方や塗る量は、獣医の先生の指示通りに行えばよいものの、塗ったところをどう管理してよい……

犬の健康と病気

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に薬を飲ませるとき注意するべきことは?

愛犬や愛猫が病気になったとき困るのは、「自宅でお薬を飲ませてください」と指示されたときではないですか?ちょっと我慢して飲んでねと頼み込んでも、飲んでくれるわけではなく、ごはんにうまく混ぜても……

犬の健康と病気

【猫の育て方】特に子猫を育てる時に絶対にしてはいけないポイントとは

愛猫カイトを拾った日の事は、今でも鮮明に思い出します。明け方から庭の隅でニャオニャオ鳴き声が聞こえる、と知らせに来たのは、いつもは寝起きの悪い娘。まだ薄暗い中、私と一緒に外に出て子猫を探し出……

猫の健康と病気

タフで野生的な猫、アメリカンショートヘア。その魅力、特徴、飼い方のコツに迫る。

アメショーと略して呼ばれることも多いアメリカンショートヘア。その野生的な魅力で多くの猫ファンを惹きつけています。 狩りが得意でアクティブな反面、優しい性格で子供にも慣れやすく飼いやすい……

アメリカンショートヘア

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

まるっとした姿が人気の猫!スコティッシュフォールドの生態、飼い方について

「フォールド」(折り畳み)という名前で分かるように耳の折れた姿が特徴のスコティッシュフォールド。 耳が小さく、丸々としているため、その外見はフクロウに似ているとも言われていますが、日本……

猫の健康と病気

猫の歯槽膿漏にも朗報!歯磨きが嫌いな猫のために『歯磨きガム』『歯磨きジェル』!

人間の場合は60歳になった時点でどのくらい自分の歯が残っているかが寿命を決める…などと言いますが、猫の場合も同じです。猫は虫歯になることはほとんどないと言われていますが歯周病になることが多く……

猫の歯・口の病気

【動物看護師が徹底解説!】よく聞く「猫風邪」の症状と治療について

”猫風邪”という言葉をよく聞きませんか?その名の通り、猫の風邪なのですが、人間のように放っておけば治るような軽い風邪のことをいうわけではありません。猫風邪は立派な病気で、治療をしなければ重篤……

猫ウイルス性鼻気管炎

海外で大人気の国産猫ジャパニーズボブテイルを紹介します

ジャパニーズボブテイルってどんな猫? 白毛に黒と赤の斑点。丸い尻尾にスマートな体がジャパニーズボブテイルの特徴です。配色を聞いてピンときた人もいるのではないでしょうか。 ジャパニーズ……

猫の健康と病気

野良猫から偶然に生まれた血統書付きの猫。アメリカンカールの特徴と飼い方

普通なら三角の耳がくるっとカールしているアメリカンカール。 耳の形がイレギュラーな猫としてはスコティッシュフォールドが有名ですが、スコティッシュフォールドの耳は内側に折れているのに対し……

アメリカンカール