2016年3月6日更新

【獣医師監修】運動した方が長生きできる?高齢になった犬の運動や散歩の方法について

若い頃は元気に走り回り、飛び回っていた愛犬も年をとると徐々に運動量が減ってきます。

昔は敏感に反応していた周囲の音や飼い主さんの動きにも鈍感になって、寝ている時間が増えてくるでしょう。

散歩に行く頻度も減り、たまに出た散歩もカートなどに乗って出かけているようになると、愛犬は運動不足のまま年齢を重ね、老化に拍車が掛かる可能性があります。

この状態をそのままにしておいて良いのでしょうか?

今回は、高齢犬の体に負担を掛けずに健康に貢献する運動をご紹介しましょう。

愛犬を寝かせたままにしない

人間と同じように犬も高齢になると筋肉が落ち、関節などに痛みが出ることもありますが、それを放っておくとますます足腰の筋力が弱くなってきます。

さらにそのままにしていると、立ち上がることもできなくなり、寝たきりの生活となってしまいます。まだ少しでも動くことができるようならば、軽く散歩をさせたり、ほんの少しの時間でも部屋の中で運動させたりすることが大切です。

大型犬の場合は、飼い主さんにとっても体力的に負担になることもあると思います。市販されている介護グッズなどをうまく利用しながらできる限り実践しましょう。

無理な運動はもちろん、愛犬にとって負担になります。一方で、体力にあった運動は血行促進、食欲増加、排泄促進などメリットがたくさんあります。5分でも良いので、できることから日常生活に取り入れていきましょう。

散歩の時には首輪ではなく、胴輪を使う

愛犬の体調にもよると思いますが、外に出ることは愛犬の気分転換にもなります。毎日でなくても構いませんので散歩に連れて行きましょう。

散歩に行くときは愛犬が楽に歩けるように胴輪を使いましょう。胴輪を使うと上半身が安定しやすくなるので、首輪と比べてふらふらしにくく、歩きやすくなります。

後ろ脚が弱っているようであれば、後ろ脚を吊り上げて立たせるための補助的な介護用品が売られていますので、活用すると良いでしょう。

歩くペースは愛犬の様子をチェックしながら、愛犬に合わせてあげましょう。

散歩に行けない愛犬の場合は家で運動を

歩くのが難しく、散歩に行けない場合は、家の中で体調に合った運動をさせてあげます。

お腹の部分を両手で支えて立ち上がらせてあげたり、上から吊り下げて体重を分散させることで立ちやすくする介護用品などを使ったりして、家の中を歩かせてあげましょう。

トイレに連れて行くまで、ご飯の場所まででも良いのです。動くことで血行も多少なりとも改善しますし、愛犬の気分転換にもなるでしょう。

運動をさせる時は愛犬の状態をよく観察して

愛犬に運動をさせる時には、愛犬の様子や体調を観察しながら行いましょう。呼吸が速くなっていたり、喘いでいたりしたら運動は止めましょう。

犬が舌を横に垂らしていたら疲労がピークに達している証拠ですので、この場合も運動は中止しましょう。

また、舌や口の中が青っぽくなっていたら酸欠状態になっている可能性がありますので安静にし、動物病院に連絡をとって指示を仰ぎましょう。

運動をさせることは大切ではありますが、あくまでも年齢なりに元気であることが条件です。

心臓病など重い疾患に罹っている場合は安静が第一ですので、無理に運動させず獣医さんの指示に従いましょう。

できる運動を継続することで寝たきりをストップ

一度運動ができない状態になってしまうと、筋力の衰えに拍車がかかり、そのまま寝たきりになってしまうというケースがよくあります。

特に愛犬にとって運動は本能を呼び覚ますために大切な要素です。元気な状態で少しでも長生きしてもらうためには、できる範囲での運動を継続することを心掛けるようにしましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

体が衰えた老犬の介護

老犬の夜鳴きから解放されたい!犬の夜鳴きの原因・解決方法

犬が高齢になって困るトラブルのひとつが夜鳴きです。 経験ある飼い主さんなら分かると思いますが、犬の夜鳴きは正常な鳴き声とは違って、唸るような声で何時間も鳴き続けるので飼い主さんが寝不足……

体が衰えた老犬の介護

愛犬の老後に。老犬ホームの施設、食事、料金、サービス内容や選ぶときのポイント、選び方などを解説

ペット業界で新たなサービスとして注目されているのがペットのためのホーム施設、老犬ホームです。 ペットホテルの延長としてスタートしたサービスですが、動物愛護法が改正されて、ペットの終身飼……

体が衰えた老犬の介護

飼い主さん必見!シニア犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

老犬の認知症

犬の老齢化問題。痴呆になってしまった時の対処方法

犬の寿命が延びて一緒にいられる時間が増えていることは喜ばしいことですが、寿命が短かったころは無かった介護をすることも増えてきました。ペットを飼っていれば必ず老齢になったペットを支える必要が出……

老犬の認知症

【獣医師監修】運動した方が長生きできる?高齢になった犬の運動や散歩の方法について

若い頃は元気に走り回り、飛び回っていた愛犬も年をとると徐々に運動量が減ってきます。 昔は敏感に反応していた周囲の音や飼い主さんの動きにも鈍感になって、寝ている時間が増えてくるでしょう。……

老犬の認知症

ペットを飼っていれば誰もが陥る可能性のあるペットロス。ペットロスと向き合うにはどうする?

ペットを飼っていれば誰もが経験するペットとの別れ。室内飼いするようになって人間との距離が縮まったためか、ペットは単なる愛玩動物というより家族の一員になり、亡くなった時の喪失感は大きくなってき……

体が衰えた老犬の介護

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋外飼育編】

屋外環境は、屋内環境と比べると変えてあげられる範囲がかなり限られています。さらに屋外は屋内よりも過酷で、体が弱っている老犬にとってはさらに厳しい環境といえるでしょう。 犬の平均寿命も屋……

体が衰えた老犬の介護

早めに気付いてあげたい! 犬の老化の13のサイン

犬も必ず老化します。飼い主はその兆候に出来るだけ早く気付いてあげないといけません。早めに気付いてあげることで、環境をいち早く老犬に合わせて作り変えることができ、長生きに繋がり、怪我の予防にも……

犬の老化について

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護

認知症の犬や猫との生活で気をつけることを獣医師が解説

飼い主の健康管理に対する意識の向上や獣医療の進歩などによって、犬や猫も以前に比べて長寿になってきました。それに伴い、高齢の犬や猫に人の認知症に似た症状が出るケースが増えていることを知っていま……

老犬の認知症

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

体が衰えた老犬の介護

【暮らしを快適に】高齢犬との暮らしをサポート。おすすめアイテム10選

大切な家族の一員である愛犬には、年を取ってからも過ごしやすく暮らしやすくしてあげたい。安全に幸せに暮らしてほしい。 そう思ったとき、何をしてあげればよいのでしょうか。 今回は高齢……

体が衰えた老犬の介護