世界一小さな猫シンガプーラ。飼いやすさで人気の猫の特徴、歴史、飼い方について

公認されている血統書つきの猫の中では最も小柄なシンガプーラ。その小さな姿から「猫の妖精」と呼ばれることもあるそうです。

日本ではあまりポピュラーではありませんが、小柄でマンションなどでも飼いやすいため今後は人気が出るのではないでしょうか。

今回は、世界一小さな血統、シンガプーラについてご紹介しましょう。

 

シンガプーラ誕生の歴史

シンガプーラはシンガポール原産の猫ですが、現地シンガポールでは誰もこの猫に特別な興味は抱きませんでした。

なぜならこの猫は下水溝に生息する野良猫でドレイン(下水)キャットと言われるような存在だったからです。

1970年に入って、この猫の体格に興味をもったアメリカ人のメドゥ夫妻がアメリカに猫を持ち帰り繁殖を開始。1988年には品種登録機関のCFAにより公認を受けるに至りました。

成猫の雌の場合で2キロあまりの小さな猫は、その後アメリカで人気を集めるようになったのです。

 

シンガプーラはどんな猫?

雌で2キロほどというサイズが最大の特徴ですが、最近では交配の関係で3キロを越すシンガプーラも増えているようです。小さいながらも筋肉質で四肢もしっかりしています。

アーモンド型の目はぱっちりしていて、エジプトの王様のようなはっきりしたアイラインに縁取られています。顔のわりに耳が大きく耳の先端は丸みを帯びています。

被毛は短く、体にぴったり張りついたようなシルキーな光沢があります。

アビシニアンのように1本の毛に少なくとも2色以上の色が入っているティッキングがあり、このことから一時はアビシニアンから交配された猫だと誤解されたこともあったようです。

性格は穏やかでおとなしく滅多に鳴かない猫ですので、都会のマンションのような飼育環境でも飼いやすい猫だと言えるでしょう。

 

シンガプーラを飼う時の注意点は?

シンガプーラには罹りやすい特有の病気はありません。短毛種ですのでブラッシングも1日1回、被毛を整える程度で大丈夫です。

運動量もそんなに多いわけではありませんので、普通に運動スペースがあれば問題ありません。

おとなしく人に懐きやすい猫ですが、ストレスを溜めやすい傾向もありますので、なるべく他の種類の猫との同居は避けて静かな環境で飼ってあげたほうが良いでしょう。

また、体の大きさに比例して食事は少なめですので他の種類の猫と同じ感覚でフードをあげると太ってしまう可能性があります。食事量には充分、注意しましょう。

 

小柄で飼いやすいため人気!

シンガポールの下水道から、血統品種にのぼり詰めたシンガプール。小柄で飼いやすく日本の住宅事情にもあっているので、今後は飼う人も増えるのではないでしょうか。

ただし最近では交配の関係で3キロを超すシンガプーラも増えています。くれぐれも「大きくなったから」といって飼育放棄しないようにしましょう。

関連記事