2015年5月2日更新

オーストラリアン・シェパードの特徴・寿命

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

オーストラリアン・シェパードの特徴

「オーストラリアン・シェパード」と国の名前が付けられた犬ですが、実は原産国はオーストラリアではありません。この犬の起源となったピレネー山脈にあるバスク地方の牧羊犬を連れたバスク人が、オーストラリアやアメリカなどへ移住し、その各土地で様々な犬種と交配。各地で異なる交配がされていた為、当初は個体差に違いが出る事も生じていました。

最終的にオーストラリアからアメリカに、連れてこられたこの犬を「オーストラリアから来たシェパードタイプ」としてアメリカで更に改良が加えられた結果、誕生したのがオーストラリアン・シェパードだという事で、原産国は実はアメリカです。

現在、警察犬や盲導犬として活躍している事からも推測されるとおり、沈着冷静、どんな環境にも順応できる優れた洞察力を持ち、服従訓練にもすぐに対応できる優れた知能を持つ犬です。牧羊犬としての性質を特化させる為か、コリー系犬種との交配が繰り返された結果、被毛はコリーによく似た上毛と下毛を持つロングヘアードのダブルコートです。

毛色は単色ではなくブラックトライ、レッドトライ、ブルーマール、レッドマールの4色です。

換毛期は相当の毛が抜けますので、日常的に週1~2回程度の定期的なブラッシングが必要です。

オーストラリアン・シェパードの大きさ・寿命

体高は45~59センチ、体重は18~35キロの中型犬に分類されます。平均寿命は12~15歳です。

 

オーストラリアン・シェパードの性格

非常に頭が良く、飼い主に忠実な犬ですが、牧羊犬としての素養を持っていますので、実際は活動的です。

服従訓練やしつけをきちんとされないと牧羊犬の気性により小型犬や猫などの小動物や子どもを軽く咬むこともあります。

相手の気持ちを察することが出来る犬ですので、充分な愛情と豊富な運動量を与えることで、素晴らしいペットとしてお一人暮らしの方、ご家族の方でも飼育が可能です。

オーストラリアン・シェパードのかかりやすい病気

気になる遺伝性疾患としては、アメリカで絶大な人気を誇った当時に繰り返された乱繁殖により眼に疾患を持つ個体がいます。

生まれつき盲目や失明しやすい系統、また難聴や耳が聞こえない系統もいます。

血統書を見れば危険な系統かどうか判断が出来ますので、飼育予定の方は充分に調査した上で入手ください。

その他には股関節系の疾患に注意をしてください。

また、一部の薬に過敏に反応するという報告もありますので、獣医師での投薬等の際は、獣医師と相談の上、充分ご確認ください。

 
 

関連カテゴリ