2015年7月23日更新

猫の里親になりたい人のために、応募から譲渡までを詳しく解説!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

ペットショップで手軽に猫を購入するよりも、行き場のない猫を救いたい。そんな気持ちが少しずつ広まっていて、猫の里親に応募する人が増えているようです。

しかし猫の里親になるためには独特の手続きが必要で、初めての人はとまどってしまうこともあるでしょう。

この記事では、猫の保護活動をしている個人や団体から猫を譲り受ける場合の、応募から譲渡までの流れを詳しく説明します。

猫の保護活動をしている個人や団体はたくさんあり、それぞれ多少の違いはありますがおおまかな流れはだいたい同じです。

 

応募から譲渡までの流れ

1、迎え入れたい猫を探す

猫の里親募集はネットで探すのがおすすめです。「猫 里親」などのキーワードで検索すると里親募集の掲示板が見つかりますよ。

規模の大きい掲示板だと全国からさまざまな募集が集まり、希望条件なども検索で絞り込めるので便利です。

2、こちらから連絡をとる

迎え入れたい猫が見つかったら、こちらから連絡をとります。連絡方法は保護主さんへ直接メール、電話、掲示板に設置されている専用フォームからの応募などの方法があります。

応募する時は譲渡条件をよく確認しましょう。ペットショップやブリーダーからの購入と違い、里親になるには一定の条件が必要なものがほとんどです。

3、猫とお見合い

保護活動をしている個人や団体からの譲渡だと、希望の猫とのお見合いは必須になるでしょう。保護主の住居や譲渡会会場などにこちらから出向いて希望の猫とふれ合います。

この時に保護主と話し合い、譲渡の可否が決定することが多いようです。

4、譲渡

譲渡が決まったらお届けになります。お見合いの時と違い、保護主が譲渡先の人の自宅まで出向いてのお届けになることもあります。

5、譲渡後

猫を迎え入れた後、保護主に猫の様子などの報告を求められることがあります。定期的な報告が譲渡の条件になっていることも多いでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?ペットショップやブリーダーから購入するのと違い、譲渡にさまざまな条件があったり時間や手間がかかったりするので面倒に思われる人もいるかもしれません。

しかし、多くの保護主は譲渡された猫が幸せに過ごしてくれることを一番に考え、このような流れでの譲渡をお願いしているのです。

猫の里親に応募する時は保護主の気持ちを理解した上で、お互いに気持ちよくやりとりができるとよいですね。