2015年5月2日更新

サセックス・スパニエルの特徴・寿命など

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

サセックス・スパニエルの特徴

イギリスのサセックス州に住むブリーダーの手によって改良された犬種で、主に鳥猟や小動物の追い込み猟の目的で作られました。人間が見つけにくい藪の中に隠れ潜む小動物を胴長短足の体を駆使して潜り込み獲物を見つけると吼えて飼い主に居場所を教えるという猟が得意な犬です。

飼い主に絶大なる忠誠を誓うこの犬は、与えられた仕事を的確にこなすので、この犬の性質を好む飼い主にとっては素晴らしいパートナーとなりますが、吼え声で獲物を逃がしてしまうことも多く、他の猟犬を扱う猟師などからは敬遠されてしまったのが、この犬の繁殖にあまり力を入れられなかった原因の一つといわれています。

一時期は絶滅の危機を迎えますが、熱心なブリーダーの目に留まり、かろうじて繁殖が行われました。しかしながら、現在でもショードッグや家庭犬としてわずかしか残っていない希少犬の一種とされています。

サセックス・スパニエルのサイズ・寿命

体高は38~44センチ、体重は18~23キロの中型犬で、平均寿命は12~14年といわれています。

 

サセックス・スパニエルの性格

性格は素直で温厚、その顔立ちのせいか、いつも控えめな雰囲気を醸し出しています。

飼い主には絶大なる信頼を寄せていますので、個体によっては分離不安などの依存症により神経質な面がみうけられる場合もあります。飼い主家族や子ども、他の犬とも仲良くすることが出来ます。

サセックス・スパニエルのしつけ・トレーニング・お手入れ

服従訓練や躾も比較的、簡単に入るタイプですので、非常に飼育しやすい犬種のひとつです。猟犬ではありますが、胴長の体型が腰に負担を掛けますので、お散歩は毎日30分程度、普段の歩く速度程度で行うとよいでしょう。

輝く様な赤と金が混じったような独特の毛色の被毛のお手入れは週に2~3回程度のブラッシングと2ヶ月に1回程度のトリミングが必要でしょう。

サセックス・スパニエルのかかりやすい病気

気をつけておくべき遺伝的疾患はなく、胴長のためヘルニアへの注意、垂れ耳のため外耳炎への注意を払ってください。