2015年5月2日更新

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの寿命や大きさなど基本情報まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スイス原産の山岳犬、牧畜犬とされています。起源は古代犬にさかのぼる最も古い犬の子孫であるのにもかかわらず、各国のケンネルクラブで独立種として登録され始めたのは近年になってからという珍しい犬です。大型で力の強いこの犬は牧畜犬としてだけではなく、荷車を引く使役犬としても活躍していましたが、能力の高い犬にその座を奪われ、徐々に個体数が激減していったと言われています。

また、この犬の仲間としてバーニーズマウンテンドッグをはじめとする4犬種が上げられており、他の種との明確な違いを証明できなかったのが、種の存続に関わる大きな原因となったようです。1900年代にスイス固有の犬を保存する運動をしていた方に、その存在を発見され、その後長い時間をかけて繁殖に取り組まれた結果、海外にも輸出されるようになり、その名が知られることとなりました。

 

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグのサイズ・大きさ・寿命

体高60~75センチ、体重50~70キロの大型犬でスイスの牧畜犬の中で最も大きな犬とされています。

平均寿命は10~12年です。

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの被毛

被毛は寒さに耐えることの出来るように5センチ前後長さの密集して生えた上毛とぶ厚い下毛のダブルコートになっています。カラーは白、黒、茶の3色がバランスよく配色されます。

 

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグのお手入れ

定期的なブラッシングを行えば抜け毛も気にならない程度といわれています。

換毛期は、それなりに抜けますのでブラッシングの頻度を増やすなど工夫してください。

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグの性格

性格は温厚で飼い主に忠実。大型犬には稀な小さな動物や子どもに優しく守ろうとさえする性質があるといわれていますので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭、多頭飼いでの飼育に大変適した犬です。縄張り意識が強い面も持ち合わせていますので、番犬としての要素も持ち合わせた犬です。

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグとの遊び方・運動

運動は長めの散歩を毎日取り入れるようにしましょう。荷物を牽引する使役犬でありましたので、何かを引っ張りあうような遊びをすると喜ぶでしょう。寒い国原産の犬ですので、冬場は出来る限り外に出して遊ばせることも心がけると良いでしょう。

グレーター・スイス・マウンテン・ドッグのかかりやすい病気

絶滅の危機から細心の注意を払って専門家が繁殖を行った結果、遺伝性疾患は重大なものは持ち合わせていません。大型犬特有の股関節や肘関節系の疾患、まれに眼科系の疾患と胃捻転がいわれることがあります。

 
 

関連カテゴリ