2015年7月26日更新

ペットショップで購入した猫が病気だと判明。その猫の医療費、請求できる?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットショップで可愛い子猫を購入した直後に病気があったと判明。その場合あなたはどうしますか?

ペットショップに交換をお願いする?それとも病院に連れて行く?猫を飼い始めて早々のトラブルにどう対処したら良いのでしょうか?

今回はペットショップで購入した猫に、予想外の病気が発覚した場合の対処方法についてご紹介しましょう。

 

その猫を指名買いしたのかどうかで対処が変わる

購入後に猫が病気持ちだと発覚した場合のペットショップの対応は、飼い主さんがその猫を指名買いしたかどうかで決まります。

もし、指名買いしたのであれば、代替のできない特定物売買をしたことになりますのでショップ側に交換の義務はありません。

その代わりショップ側は売った猫に対し、売るときに予想できなかった問題点に対して保証する責任があります(民法570条:瑕疵担保責任)。

飼い主さんがその猫を病院に連れて行き治療をした場合にショップは必要な治療費を支払う義務があるのです。

反対に特定の猫へのこだわりがなく数匹の中から適当に選んだ場合(ペットショップで購入する場合あまりないケースではありますが)ペットショップは同等の価値の猫と交換する義務があるとされています。

ペットを購入する際にショップに確認することが大切

購入後に病気が判明した場合の医療費や交換条件は、法律上保障されている権利ではありますが、実際には交渉の過程でペットショップともめることも少なくありません。

ペットショップで猫を購入する場合は、購入後に病気があった場合の保証について予めショップに確認しておくことが大切です。

こうした問題は後々「言った」「言わない」と問題になりがちですので、可能であれば契約書があると安心です。

契約書がない場合は保証について話し合った店員の名前を確認し名刺を貰っておくと良いでしょう。

最近ではペットの販売に際して「販売後、一定期間は医療費を保証する」「死亡した場合は代わりのペットを提供する」といった条件を予め設定しているショップもあります。

購入する際には販売したペットに責任ある保証を提供してくれるショップを選ぶことも大切です。

 

飼い主さん側のエゴでの交換や引取りはできない

たまにあるのは飼い主さんサイドの都合でペットの交換や引取りを要求するケースです。

「オシッコのしつけができないので返したい」「引っ掻かれたので飼うのを止めたい」などの理由は保証や交換の条件にはなりません。

飼い主さんは猫を飼う前に猫の生態について理解し、その上で猫を購入する責任があります。

猫の爪とぎや引っ掻きは想定範囲内のはずですので、こうした理由での交換や引取りはできないと心得ましょう。

猫は物ではないと心得ることが大切

ペットは動物ですので工業製品のように品質保証できるわけではありません。

猫にも個体差があり病気になりやすい猫もいるのです。購入したペットが病気になるのは辛いことですし、腹ただしい気持ちもあるかもしれませんが猫に責任はありません。

あらかじめペットショップと契約を交わすことで猫を心置きなく治療してあげられるなら、遠慮せずに契約交渉することが大切ではないでしょうか。