2015年5月3日更新

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や寿命など

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

古くから鳥猟犬として、長く人間ともに生き、数々の猟犬の素地を作った犬です。イギリスのウェールズ地方で多く繁殖されていたことと、獲物を飛び立たせる能力に優れている事を示すスプリンギングという手法が得意なため、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルと名づけられました。イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと似通った容姿をしており、犬の性能などを比較する際によく引き合いに出されます。

 

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルのサイズ・寿命

体高は43〜48センチ、体重は16〜20キロの中型犬で、平均寿命は12〜15年といわれています。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴

被毛は美しく光沢のあるレッド&ホワイトで、胸や尾に飾り毛があるのは水辺や悪天候での体温保護の為でしょう。陸地、水中を問わずオールマイティで作業が出来る鳥猟犬で暑さや寒さにも強く世界中で活躍しています。
被毛の手入れは週に1〜2回程度のコーミングと2月に1回程度のトリミングが必要でしょう。

 

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの性格

普段は物静かな落ち着いた雰囲気を醸し出していますが、性格は好奇心旺盛な社交家で子どもや家族と遊ぶのが大好きです。状況判断がうまい犬ですので、遊びに夢中になって我を忘れることはなく、服従訓練や躾も遊び感覚ですんなりと受け入れることが出来る犬種です。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの運動

通常、古来より猟犬として活躍している犬であっても近年〜現代においてはショードッグや家庭犬として別の道で活躍し、若干の改良が加えられるものですが、この犬に限っては昔も現在も鳥猟犬として繁殖されている珍しい犬種になります。従って、運動量はかなり豊富です。

毎日2回、ジョギングや走るなどの有酸素運動を取り入れた散歩を30分〜小1時間程度は行う必要があります。時にはドッグランなどで自由に走り回れる環境をつくりストレスを発散させることも大切です。

ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルのかかりやすい病気

気になる遺伝的疾患としては股関節系の疾患、眼病、垂れ耳の犬に発症する外耳炎が上げられます。