2017年5月17日更新

コーギーの寿命・性格・飼い方など

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近はイギリス王室御用達犬として有名なウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、本来は牛追いを仕事とする牧畜犬として農家で飼育されていました。ウェルシュ・コーギーはイギリス原産の犬でペンブローク種とカーディガン種の2種がおり外観は非常に良く似ています。違いはペンブローク種は尻尾が断尾されており、耳がピンと尖った立ち耳であることです。

日本のペットショップでは断尾されて販売されていますので、尾がない状態か短い状態しか目にしませんが、元々は、その顔立ちから想像できる様な狐の尾のようなふさふさした尾を持っていると言われています。牧畜作業時に牛に踏まれて怪我をしないように古来より断尾されていると伝えられています。近年では、断耳や断尾が虐待と同一視され、意味のない改良は好まれなくなっておりますので、世界的にペンブローク種自体の個体数が減っており、絶滅の危機に直面しているといわれています。

 

大きさ・体重・寿命

体高は20〜30センチ、体重は10〜15キロの中型犬で、平均寿命は11〜13年といわれています。

特徴

胴長短足の体ですが、ちょこまかとすばしっこく動くことが出来ます。利口な犬ですので、服従訓練や躾も入りやすく飼育しやすい犬種に含まれます。以前は牛追いの際に牛の踵を噛む「ヒーラー」意識が強いと敬遠されてきましたが、近年では牧畜犬より家庭犬としての特性を生かす改良がされているそうで、ヒーラー気質は取り除かれているといわれています。

警戒心は強いので、他人に対しては無関心または吠え立てるタイプもあるとの事ですので、子犬の頃からの躾は重要でしょう。

被毛はダブルコートで抜け毛が出るタイプです。短毛で抜け落ちるタイプですのでこまめなブラッシングで衛生管理を行いましょう。

高温多湿の日本の気候には弱いので、皮膚トラブルには注意が必要です。

被毛色はレッド、フォーン、セーブルが多くブラックタンやトライカラーもいます。

運動好きな犬種ですが、胴長の体型により腰に負担のかかる場所での運動は控えましょう。

1日2回、30分〜小1時間程度の散歩を行うようにしましょう。

大食で太りやすい性質の為、食餌には注意をしてください。

 

かかりやすい病気

気をつけるべき疾患はヘルニア、股関節系の疾患です。

眼病の報告もありますので、注意が必要です。