2015年5月5日更新

ご飯に砂をかける?猫がご飯に砂をかける意味と解決法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛猫にご飯をあげたとき、砂をかけるような動作をしたことはありませんか。排泄物に砂をかける動作と似ているので、あまり気持ちが良いものではありませんよね。

怒っていいものなのか、ちょっとよくわからない方も多いのではないでしょうか。

今回、猫の「砂かけ動作」の意味を調べてみたので、ぜひ参考にして下さい。

 

砂をかける=いらないの合図

やっぱりご飯に不満があるとき、猫は砂かけ動作をしてしまうようです。なぜご飯がいらないのでしょうか。その理由は複雑です。

お腹いっぱい

お腹いっぱいで入らない。そんなときに、砂かけ動作をすることが多いようです。

猫は小食で、しかも犬とは違い一度の食事でご飯をすべて食べるということはあまりありません。残ったご飯を地面に埋めておこうという本能から、砂かけ動作をするという説もあります。

また寝たいときに寝て、食べたいときに食べる。気ままな猫の性格だけではなく、ある程度のカロリーをとってしまうとそれ以上はストップがかかってしまう猫の体質も関係しているようです。

猫はグルメな生き物

猫はとてもご飯にうるさい生き物なんです。

いつも同じご飯をあげていると、飽きてしまって「もういらない」と思ってしまうこともあるようです。せっかく奮発してあげた高いご飯も、お口に合わなければ砂かけ動作をする可能性もあります。

だからといってご飯をとっかえひっかえしてはいけません。美味しいご飯が出てくると勘違いしてしまい、ますます砂かけ動作がひどくなってしまいます。

ご飯を気に入っているか観察してみよう

食事が終わった時、口の周りをペロペロとグルーミングしているとご飯に満足している証拠です。

逆に鼻を舐めている場合、ご飯に不満があるサインだとされています。

体調が悪い

人と同じで、猫も体の調子が悪ければ「今日はご飯いらない」という意思を示すため、砂かけ動作をすることがあります。

そんなときは無理に食べさせるのではなく、猫の調子が良くなるまで待ってあげましょう。砂かけ動作が数か月ほど続くのなら、重大な病気の可能性もありますので病院へ連れていってあげましょう。

病気だけでなく、強いストレスを感じているときも、砂かけ動作をして食欲不振になってしまうので、注意してあげましょう。

いらない理由を探し、解決してあげましょう

ご飯の量を減らす。ご飯の種類を変えてみる。体調を気にかけてあげる。この三つを心がけていけば、砂かけ動作の回数も減ってくるでしょう。

もし愛猫が砂かけ動作をしているのなら、じっくりと観察して、その理由を解決してあげましょう。