野性のトラそっくり!小さなトラのような猫トイガーの特徴や飼い方

今回ご紹介するのは何とトラそっくりの猫、トイガー。ネコ科の王者であるトラへの深い愛情から生まれたブリードだと言われています。

名前はTOY(おもちゃ)とTIGER(トラ)を合わせた造語ですが、その姿はまさにおもちゃのトラです。日本ではブリーダーも少なく滅多に売られていない猫です。

今回はトイガーについてご紹介しましょう。

 

トイガーはどうやって誕生した?

1980年代にカルフォルニア州でベンガルのブリーダーだったジュディ・サジェンさんは、ある日イエネコとベンガルとの間に生まれた子猫の中に顔がトラのような模様の2匹の猫を発見しました。

この猫を見たジュディさんはトラに似た猫が世に広まれば、絶滅しつつあるトラを救うメッセージになると考え、この猫を新たな品種として確立しようと思い立ちました。

しかしながら猫をトラに近い姿にするのは簡単なことではありません。世界各国から約40匹の猫が集められ、徐々にトラに近い品種が作られていきました。

2006年にはアメリカの品種登録団体であるTICAに公認され、翌年にはチャンピオンシップステータスを獲得しましたが、トラに近づくための努力は未だに続いています。

 

トイガーの特徴は?

オレンジ色の被毛の上に黒いくっきりとした縞模様はまさにトラ。

胴体部分は縦方向の縞模様、顔の淵をぐるっと囲むような縞、脚や尻尾には輪のような模様など全身の被毛がトラそっくりです。

被毛はほぼトラですが骨格や耳の形などは、当然のことながら猫の特徴が顕著です。そのためトラに似せる試みは現在も続いていて、耳の形や骨格をトラに近づけるべく、模索が続いています。

これに対して「トラの姿に固執した交配は動物虐待ではないか」という理論を巻き起こしているのも事実です。

ちなみに公認されている被毛の色はブラウンマッカレルタビーだけですが、わき腹からお腹に掛けての縞模様はピューマのような斑点模様になってもトイガーとして認められると言われています。

 

トイガーを飼う場合のポイントは?

野生的なルックスのトイガーは見た目どおり非常にアクティブですが、頭が良く人にも懐きやすいので飼いやすい猫だと言えるでしょう。

飼う時には充分に運動ができる場所を用意しましょう。被毛が若干厚めですが短毛ですので1日1回のブラッシングで充分です。

トイガーの存在は自然に反するか?

トラに似た姿が非常に印象的で、個性的な猫が好きな人々に愛されているトイガー。しかしながら、トラに似せたいという人間のエゴイズムに対しては批判もあるのです。

トイガーはあくまでも猫ですから無理な交配で猫本来の美しさを失うことがないよう看視する必要があるのかもしれません。

関連記事