アクアリウムには必須! 物理ろ過と化学ろ過の方法と種類について

ろ材には「生物ろ過」「物理ろ過」「化学ろ過」の三つがあります。

アクアリウムにおいて圧倒的に重視しなければならないのは、バクテリアと密接な関係にある「生物ろ過」である。ということは以前お話ししたと思います。

ただしそれは「物理ろ過・化学ろ過」を軽視しても良い。ということではありません。

両方ともアクアリウムでは必須ですし、正しく利用することで生物ろ過、ろ材の効果を高めることが出来るのです。

 

物理ろ過

物理ろ過の役割

物理ろ過とは水草の切れ端や餌の残り、鱗などを物理的に除去することをいいます。主に生物ろ過・化学ろ過の前処理として行われます。

物理ろ材の種類

一般的に用いられるのはスポンジ、またはウールマットです。

どちらか一方だけではなく、まず網目の荒いスポンジを設置して大きめのゴミを取り除いた後、網目の細かいウールマットで小さなゴミをろ過する。といった「合わせ技」で使用することも可能です。

物理ろ材の注意点

物理ろ材はフィルターを通すだけなので、生物ろ過のようにバクテリアについて神経質になる必要はありません。

各フィルターのサイズに合わせ、安くて効果が高いものを選べば問題ないでしょう。

使用期間は定期的に洗浄すれば網目の粗いもので約一年。細かいものだと半年ほどです。

 

化学ろ過

化学ろ材の役割

化学ろ材の役割は、流木のアクや水の黄ばみ、カビ臭といった生物ろ過では取りきれない汚れを吸着し、より透明で、匂いの少ない水にすることを目的としています。

水槽の立ち上げ時には生物ろ過の補助的な機能を担うこともあります。

化学ろ材の種類

活性炭
流木から出るアクや、水の黄ばみの原因を吸着してくれる炭です。

あくまでアクや黄ばみを除去するだけなのでアンモニア、亜硝酸、硝酸などの吸着効果はないので、水槽セット初期の生物ろ過の代わりに、という使い方はできません。

ゼオライト
火山岩が凝固してできたもので、「アンモニアの吸着」「水槽水の軟水化」「黄ばみの吸着」といった効果をもっています。

活性炭とは違い、主に水槽セット初期の生物ろ過の代わりに使用されることが多いようです。

気を付けなればならないのは、ゼオライトはアンモニアを限界まで吸着してしまうと逆に外に放出してしまうことがあるのです。

そうなる前にゼオライトを水槽から取り出し、塩水で洗浄しましょう。アンモニアは放出され、再びゼオライトを水槽内で使用することが可能になります。

 

効率よくろ材を使いましょう

化学ろ材と物理ろ材は生物ろ材と比べると取り扱いは比較的簡単です。正しく使用して水槽内の環境を改善・清潔に保ちましょう。

関連記事