熱帯魚には必須です! ヒーターとサーモスタットの役割と種類について

熱帯地方が原産国であることが多い熱帯魚にとって、日本の水はそのままだと冷たすぎることが多く、冬になると活動限界温度を下回り死んでしまうことがあります。

アクアリウムにはヒーターは必須です。自動的に温度を調整してくれるサーモスタットも併せて設置したいところです。

 

ヒーターの役割

名前のとおり、ヒーターは水温を上昇させる役割を担います。

注意しなければならないのは、ヒーター単体だと「電源のオン、オフは手動で行わなければない」こと。それから「水温を下げる機能は備わっていないこと」です。

これらの問題はサーモスタットやクーラーを設置することで解決できます。

 

サーモスタットの役割

サーモスタットは「温度の管理」の機能を担っています。

例えばあらかじめ水温を23℃に設定しておけば、その温度を下回るとヒーターに通電され、水温を上昇させます。任意の温度になれば、サーモスタットの働きで通電が遮断され、ヒーターの電源が切れます。

このように自動的に水温を調整してくれるのです。

 

ヒーター・サーモスタットの種類

ヒーターとサーモスタットの組み合わせは大きくわけて三つに分類されます。

ヒーター・サーモスタット一体型

一つめはヒーター+サーモスタット一体型。ヒーターに温度を感知するセンサを内蔵したヒーターと温度調節機であるサーモスタットが一体化したモデルです。

水槽の対応サイズも幅広く、扱いやすい万能タイプですが、デメリットとしては単価が高く、ヒーター・サーモスタットが壊れたときは買い直しが必須なことです。

ヒーター・サーモスタットセット

二つめはヒーター+サーモスタットセット(ヒーター交換可能)。ヒーターとは別に温度センサがあるタイプです。

ヒーターと一緒に温度センサを水槽に入れる必要があります。一体型とは違い、ヒーターが故障した場合はヒーターのみを購入すれば良いのが特長です。

オートヒーター

三つめはオートヒーター。一定温度に調整されたセンサーを内蔵したモデルのヒーターです。こちらは温度調整不可でサーモスタット自体もありません。

小型で場所を取らず、サーモスタットがないぶん、価格が安価なことも魅力の一つです。その反面、温度調整機能がないので故意の温度上昇が不可能というデメリットも存在します。

 

ヒーターは消耗品。適度な交換が必要です

ヒーターの寿命は一般的に1年とされています。

稼働時間を短めにしたりしても、大抵は3~4年で壊れてしまうので定期的に交換しなければなりません。そのことも頭に入れておいて、自分の飼育環境に最も適したヒーターを購入しましょう。

関連記事