2016年10月26日更新

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか?

近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになってしまうのではないでしょうか。

そこでおススメなのが普段から簡単なペット日記をつけておくこと。これさえあれば、ペットの健康を正確に把握できて便利なのです。

まず、健康の基礎データを知っておこう

日記といっても構える必要はありません。毎日書く必要はありませんし、一口メモ程度でも良いのです。

ペットが家に来たら、まず獣医さんで健康状態を確認してもらう飼い主さんは多いと思いますが、その際、平熱を計って貰い、メモしておきましょう。

脈拍等は慣れない環境で普段より早くなっている可能性がありますので、計り方を教えてもらい、家に帰ってから落ち着いた環境で計ってみると良いでしょう。

こうした基礎データをまず、日記につけておくと何か変わった症状が出たときに比較ができて便利なのです。

病歴や服用した薬もメモしておこう

かかりつけの獣医さんがいれば、過去の病歴や服用した薬がカルテで簡単に分かりますが、飼い主さん自身も、メモを残しておくと便利です。

例えばペットと遠出した出先で事故や病気になった時や引越しして新たな獣医さんにかかるときなど、病歴や服用している薬等が分かると診察しやすくなるはずです。

日常のペットの様子をメモしよう

ペットの癖、好きなものなどから、病院に行くまでもなさそうだけれど気になることなど、日記にメモしておきましょう。

後に病院に行ったときにペットの状態を時系列で正確に獣医さんに伝えることができるため、診断の助けになります。

特にペットが年をとってからは日記が役に立ちます。年老いたペットの場合、便秘などになりがちで排泄の回数が少なくなってきますし、咳が出る、息が荒い、食事をしないなどの異変に気付いたら、獣医さんに連絡すると同時に症状を細かくメモしておくと良いでしょう。飼い主さんの観察と記録がペットの健康につながるのです。

スマホのアプリなどを使うと便利

もし、飼い主さんがスマートフォンを使っていたら日記アプリを活用してペット日記をつけると簡単です。スマートフォンなら大抵、持ち歩いていますので、気付いたとき、思い出したときにすぐにメモすることができます。また、写真を撮影して貼り付けておくこともできますので、排泄物や吐しゃ物などがあった場合に写真に撮って貼っておくと、獣医さんにより正確に情報提供が可能です。もちろん、病気やケガなどネガティブな内容だけに限定する必要はありません。

ペットの日常をちょっとメモしておくと、それがやがてはペットとの想い出として大切な宝物になってくれるはず。今まで日記のなかった飼い主さんは今からでも大丈夫ですので、是非、ペット日記をつけましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

獣医師が教える!ぽっちゃり気味の犬猫さんへお届けする安全なダイエット

犬や猫も肥満になります。肥満になると、関節障害や心臓疾患、糖尿病、猫であれば泌尿器疾患にもかかりやすくなります。今回は、前半で犬や猫のダイエット方法を、後半で健康を害さないために大切な点と、……

犬のニュース

【マツコ会議に紹介されました】愛犬のための料理教室~特製手作りわんごはんをもって愛犬とお出かけ!~

メディアに紹介されました! 日本テレビ「マツコ会議」にて、ペット生活主催「愛犬のための料理教室」への取材の様子が放映されました。(4月23日(土)放送) ドッグレシピプラ……

犬のニュース

【動画】撮影クルーはワンちゃん!犬目線で見るアウトドアドッグフェスタin八ヶ岳2016

2016年9月24日(土)・9月25日(日)の2日間で行われた「アウトドアドッグフェスタin八ヶ岳2016」ですが、モラキジドッグでは犬の目線で会場を散策してみました。 犬の目線はこん……

犬のニュース

人手不足の動物医療に一石を投じることができるか?動物病院の求人に特化したサイト「シグニキャリア」

犬業界に身を置いているとよく話に上がってくる人手不足。獣医師やトリマーともに人手不足は否めません。 犬業界における(特に獣医師やトリマー)課題の中で、一番重要視されているのが人材採用と……

犬のニュース

介助犬って一体何をする犬なの?介助犬の役割、育成、課題とは?

介助犬とは、体が不自由な人の手となり足となって日常生活の手助けをしたり、不測の事態に助けを呼んだりする補助的仕事をする犬のこと。 障害のある人のさまざまな要望に的確に対応できるようにな……

犬のニュース