2016年3月6日更新

【獣医師監修】雄犬の病気。犬の前立腺肥大症の症状、治療、予防方法

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


高齢になった雄犬が罹りやすい病気のひとつとしてあげられるのが前立腺肥大。

最近では繁殖の予定のない雄犬の場合には、子犬の頃に去勢手術を受けることでこの病気を予防されている方も多くいらっしゃいます。一方、様々な理由で去勢手術を受けていない雄犬では、加齢とともに前立腺肥大が問題になるケースが多くあります。

今回は前立腺肥大についてご紹介します。

 

前立腺肥大とはどんな病気?

前立腺とは雄犬の膀胱の出口付近で尿道を取り囲むように存在する臓器で、前立腺液を分泌する役割を果たしています。

未去勢の雄犬では加齢に伴いホルモンバランスが崩れ、アンドロゲンによる刺激が過剰になることで前立腺の細胞が増えて前立腺が大きくなると言われています。

しかしながら前立腺肥大の原因はまだ完全には解明されていません。

前立腺肥大になるとどのような症状が出るの?

ほとんど症状を示さないこともよくありますが、前立腺が肥大することで尿道や直腸を圧迫するためウンチやオシッコが出にくくなります。

特に他の病気がなく健康な未去勢の雄犬が、気張っているのにウンチが出なかったり時間が掛かったりしていたら、原因のひとつとして前立腺肥大を疑いましょう。

また、オシッコが出にくくなる場合もありますので、排尿がうまくいかない場合には、早めに検査をしてもらった方が良いでしょう。

 

前立腺肥大の治療

前立腺肥大は肥大の状態や繁殖の希望の有無によっていくつか治療の選択肢があります。まず、症状が軽度の便秘程度である場合には、繊維質の多い食事をさせることで解決する場合もあります。

繁殖を希望していて、肥大がそれほど進んでいない場合はホルモン剤を投与する治療で進行を抑えることも可能ですが、効果は一時的です。

繁殖を希望していない場合には、去勢手術が最も効果的です。去勢手術を行なえば、数週間から3ヶ月程度で前立腺肥大は改善するでしょう。

前立腺肥大を防ぐ方法はあるの?

若いうちに去勢手術をうけるのが一番の予防方法です。去勢をすることで、前立腺肥大を起こすことはなくなります。

繁殖の予定がない場合は早めに去勢しましょう

動物の自然な姿を望む飼い主さんの中には去勢手術はさせないというケースもあるようです。

しかしながら高齢になってから前立腺肥大や精巣腫瘍をはじめとした様々な疾患にかかることを予防する、という観点から、繁殖を希望しないのであれば早期に去勢した方が良いという考え方も広がっています。

いくつかの病気の予防ができるという点も、去勢手術のメリットとして、愛犬に早期の去勢手術を受けさせてあげるかどうか決断する際の参考にしてみてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師監修】犬の包皮炎〜原因・症状と対策

犬の包皮炎はオス犬の生殖器を包む皮膚に炎症が起こっている状態のことを指します。 包皮に炎症が起きると患部に膿が溜まることがあります。包皮炎の発症には犬の皮膚に常在している細菌が大きく関……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】犬の潜在精巣の原因・症状・治療法・予防法

オスの子犬の陰嚢(袋)を触ると、左右で感触が違うということが時々あります。 もしその犬が生後半年以上たっていれば、精巣(睾丸)が片方しか陰嚢に降りてきていない「潜在精巣」かもしれません……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師が解説】犬が血尿に…。考えられる原因・病気と対策・治療

犬のおしっこの色がピンク色や茶色など、いつもと違うかも?と気付いたらまずは飼い主さん自身で確認してみましょう。 その方法をいくつか紹介します。 血尿の見分け方 ・排尿直後に「白……

犬の体外に排出したものの変化や異常

【獣医師監修】犬の前立腺炎〜原因・症状と対策

オス犬特有の病気に犬の前立腺炎という病気があります。 前立腺炎は、オス犬にのみある生殖器で膀胱の真下にある前立腺が、何らかの原因で炎症を起こしてしまい激しい痛みを伴う病気です。非常に激……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】ガンの原因に!?犬の潜在精巣について

犬の精巣(=睾丸)は生まれた直後はお腹の中に深く入り込んでいて、生後約30日で精巣が陰嚢内へと移動してきます(精巣下降)。 ところがなんらかの影響で精巣が陰嚢内に下降せず、腹腔内に停留……

オス犬の生殖器の病気

【動物看護師が徹底解説!】1歳を超えた犬は避妊・去勢手術をしても大丈夫?メリット・デメリットは?

犬を飼い始めるときに、必ず説明を受ける避妊・去勢手術に関する話。このときだれもが”健康体にわざわざメスを入れるか?”と、悩むことでしょう。 確かに、手術は麻酔のリスクも伴い、臓器の一部……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】雄犬の病気。犬の前立腺肥大症の症状、治療、予防方法

高齢になった雄犬が罹りやすい病気のひとつとしてあげられるのが前立腺肥大。 最近では繁殖の予定のない雄犬の場合には、子犬の頃に去勢手術を受けることでこの病気を予防されている方も多くいらっ……

オス犬の生殖器の病気