愛犬家、愛猫家なら一度は考えるペットと一緒のお墓。犬や猫と一緒にお墓に入ることはできる?

最近は多くの家庭が墓に関する悩みを抱えていると言われています。

先祖代々のお墓を守る家族がいない、お墓の場所が遠くてお参りにいけないなどといった悩みが増えているのです。

そんな中、自分が死んだ後にペットと一緒のお墓に入りたいという飼い主さんが増えて、それがトラブルの原因になっている家庭もあるようです。

今回はペットと一緒にお墓に入るために知っておきたいことをご紹介します。

 

法律違反ではないペットとの埋葬

ペットと一緒にお墓に入ることは法律で禁じられているわけではありません。

人間の遺骨は管轄市町村が許可した墓地もしくは納骨堂に埋葬することが定められていますが、その際にペットの遺骨を一緒に埋葬することを禁じた法律はないのです。

それではどうして実際に一緒に入れるお墓が少ないのでしょうか。

 

ペットの遺骨は副葬品

ペットは生きている時でも法律上は「物」に当たるため、遺骨になって埋葬する時には「副葬品」として扱われます。

ただし、副葬品としてペットの遺骨を埋葬して良いかどうかは墓地の管理規約などで独自に決められています。

墓地に関する法律により、埋葬には宗教的感情を乱さないことが求められており、この観点から墓地を管理している自治体、お寺、墓地の管理会社がペットを人間のお墓に埋葬することを禁じていることが多いのです。

墓地を管理する側も墓地所有者全体の考え方を尊重しなければなりません。そのため多くの墓地が人間と一緒にペットを埋葬することを禁じているのが現状なのです。

 

最近ではペット埋葬可のお墓も増えている

従来のお墓がペットの埋葬を禁じているのに対し、民間霊園の中にはペットとともに眠りたいという需要に応えたペット埋葬可の墓地も増えてきています。

ペットの埋葬が可能な墓地では墓石や墓誌にペットの名前を入れることができるところもあります。中には人間の墓石の隣にペットの墓石を置くことができる霊園もあるようです。

また、最近では宗教的な儀礼に縛られたくなく、自然に還りたいという人に選ばれている樹木葬はペットとの埋葬を許可しているところも多いようですので、興味のある方は調べてみると良いでしょう。

 

ペットとお墓に入るときには家族の同意も得て

愛犬家、愛猫家の「ペットと一緒にお墓に入りたい」という気持ちは、すべての人に理解されるものではありません。

それ故、自分の意思を通そうと思うなら予め家族と話し合い家族の理解を得ておくことが大切です。

残された家族の間に余計な揉め事を起こさせないためにも、一緒に埋葬されるペットのためにも生きている間に了解を得ておく気配りが必要なのではないでしょうか。

関連記事