2016年3月6日更新

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合には、まずは床ずれの予防、そして早期の発見、根気強い治療が大切です。

今回は寝たきりになってしまったペットの床ずれについてご紹介しましょう。

床ずれって一体どんな症状?

寝返りを打てない状態で、同じ姿勢で長い時間横になっていると、皮膚が圧迫されて血流が滞りやすくなります。

一定時間以上この状態が続くと周囲の細胞が死んでしまい、やがて周辺の皮膚や筋肉などの組織が壊死します。これが床ずれで、専門用語では褥創(じょくそう)と呼ばれます。一度症状が出ると、なかなか完治せず、日常生活にも支障が出てしまう病気です。

初期の頃の床ずれは、浸出液で毛が固まったり、皮膚が少し柔らかくなったり、赤く腫れたりしはじめます。症状が進むにつれて、皮膚が壊死して筋肉や骨が見えるようになってしまい、常に血や浸出液が流れ出ている状態となります。

床ずれという名前から皮膚が擦れることで起こると思われがちですが、実際には皮膚の深いところで症状が進んでいるため、飼い主さんが目で見て確認できる頃には、内部ではかなり進行しているケースが多いのです。

床ずれはどんな部位に発症しやすいの?

床ずれは、皮膚の上から骨が触れられる部位でよく起こります。

具体的には、こめかみ、肩甲骨周囲、大腿骨や骨盤周囲、かかと、膝、肘などが、床ずれを起こしやすい場所です。一度床ずれになったところは、表面的には治っているように見えても、再発しやすいので注意が必要です。

床ずれの治療はどのような方法で行うの?

床ずれの治療にはいくつか方法があります。ひとつは壊死した組織を切除して皮膚を縫い合わせる外科的な方法です。

しかしながら床ずれを起こしたペットは高齢であったり、重篤な基礎疾患があったりすることが多いため、縫合しても皮膚が回復しにくいケースも多いと言われています。

もうひとつはドレッシング材と呼ばれるばんそうこうで傷を覆い回復を待つ方法です。人間の傷も同様ですが、少し前まで傷は乾燥させた方が早く治ると考えられていました。しかしながら傷口に出てくる浸出液が持つ傷を治す働きを活用した方が早く治癒することが分かってきており、ペットの床ずれも乾燥させずに治療する方法が取られています。

いずれの治療方法であっても、傷口周囲の清潔を心がけることはとても大切です。

床ずれの範囲が広がるなどして、感染症の危険性がある場合には抗生物質を内服することもあります。

床ずれを予防する方法は?

床ずれを予防するには、頻繁に寝姿勢(体位)を変えてあげる必要があります。飼い主さんの状況が許すようならば、4~5時間に一度は向きを変えてあげましょう。

さらに、最近ではペット用の低反発素材のマットや床ずれ防止マットが販売されています。こうした商品も活用して床ずれを起こしにくくすることもひとつの方法です。

可能であれば、マッサージや負担のない範囲での四肢の曲げ伸ばし運動を行なって血流を促進させてあげることは、床ずれ防止の助けになるでしょう。

床ずれは予防が最大のポイント

床ずれは一度発症してしまうと非常に治りにくい病気です。治療は長期に及ぶことがほとんどです。

さらに体力の弱った高齢のペットの場合、抵抗力が落ちていることから感染症を起こしてしまう可能性もあります。

床ずれは予防が最大のポイントです。ペットが寝たきりになってしまったら、床ずれの症状を起こす前から、体位変えを頻繁に行ったり床ずれ防止マットを用意したりして床ずれの発症を防いであげましょう。

また、寝たきりのペットとのコミュニケーションのひとつとして、マッサージやブラッシングなどを行いながら、全身を観察してあげることは、床ずれの予防や早期発見にもつながりますので、是非実践してみてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

【必見!】犬用 おむつおすすめ10選

介護や生理の時、またマーキングやおもらしのトラブルの時などに使う、犬のためのおむつ。 今回は犬用のおむつのなかで、使いやすいものを選んでみました。 尻尾穴までの長さやお腹周りのサ……

体が衰えた老犬の介護

【ドッグマナー協会理事が解説】犬と過ごす為の10年先を見られますか!?

飼い主として犬と接して14年。 小学生の頃に犬を飼っていた経験があり、自立をしたらどうしても犬を飼いたいと思って大阪で出会ったのが彼女! 今思えば考えられませんが生後2カ月にも満たな……

犬のニュース

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護