2016年4月30日更新

シェットランド・シープドッグの大きさ・寿命・性格など初めて飼う方に知ってほしい情報

シェットランド・シープドッグの歴史

スコットランドのシェットランド諸島で牧畜犬として飼育されていた犬がオリジナルといわれています。この島は土地が痩せていて作物が育ちにくく、結果、家畜のサイズも小さなものがほとんどだった為、牧畜犬のサイズも小さめになったのでは?と推測されています。当初のこの犬の名前はシェットランド・コリーとされており、祖先犬もボーダーコリーと同じ系統のものでした。

この中から特に個体サイズの小さなものを交配したといわれています。しかし、この小さな犬を「コリー」として分類されたくないコリー愛好家達の反対により、シェットランド・シープドッグと名前を変え、現在に至っています。

大きさ

体高は33〜37センチ、体重は8〜10キロの小型犬です。

寿命

平均寿命は12〜14年といわれています。

被毛

被毛は豊かなダブルコートで、首回りから胸元にかけての飾り毛が特徴的です。被毛色はセーブルやブルーマール、黒を基調として白やブラウン系が入ります。

換毛期があり、抜け毛も多い方ですので、毎日のブラッシングを行うのが理想でしょう。

性格

性格は明るく、遊ぶ事が大好きです。牧畜犬としての気質から警戒心が強く番犬としての才能があります。飼い主に忠実で服従訓練や躾も入りやすいでしょう。

ただし、ヒーラーの本能が残っていたり、吠え癖が強く、情緒的な個体もありますので、子犬の頃から適切な訓練を行う様にしてください。

運動・散歩

運動量は多い方ですが、他の牧畜犬と違い小型ですので、激しい運動はそれほど必要ではありません。毎日の散歩やトレーニングを取り入れたゲームなどで比較的、満足するでしょう。

かかりやすい病気

気をつけておくべき疾患は多く、コリーアイなどの眼病や皮膚疾患、てんかん、甲状腺機能低下症が報告されています。

またフィラリア予防薬に含まれるベルメクチンを投薬すると命に関わるので、獣医師と十分に相談をしてください。

シェットランド・シープドッグについて詳しく知りたい方はこちら
シェットランド・シープドッグの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬に階級意識はあるのか? 犬の順位づけ行動、序列意識について

昔から犬は階級意識が強く、人間の家族の中でも序列を決めて接している、と言われてきました。言う事を聞かない人は自分より下だと見ているとか、甘やかすと自分をボスだと勘違いしてしまうとか、諸説あり……

犬の習性

マルチーズの性格や飼う時の注意点をまとめました!

マルチーズの性格 昔も今もコンパニオン犬として人間に愛されているその性格は陽気で社交的です。 マルチーズがかかりやすい病気 遺伝性疾患などは、皮膚病や膝蓋骨脱臼にかかりやすいの……

犬の習性

ミニチュア・シュナウザーの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ミニチュア・シュナウザーの性格 犬のしつけに関して一般的には、「あまりにも規則正しい生活(散歩の時間、ごはんの時間などの徹底)をおくっていると、それが少しずれただけで犬にとって大きなストレ……

犬の習性

テリア気質は飼いにくい?ヨークシャー・テリアの飼いやすさについて

動く宝石ともいわれる美しい被毛が魅力的なヨークシャー・テリア。小柄な体つきや愛くるしい仕草から、1度は飼ってみたい小型犬のランキングでも常に上位に入る犬種ですね。でも気難しくて意外と飼いにく……

犬の言葉・気持ち

ボーダー・コリーの歴史、性格、寿命、特徴

ボーダー・コリーの歴史 牧羊犬といえばボーダーコリーをイメージされる方も多いのではないでしょうか? 古来、牧羊犬は群れを追い立てる為に吠え立てながら、時には足に噛み付き誘導する「……

犬の習性