2016年12月30日更新

睡眠時間が長い老猫に。猫の寝床の作り方・注意点について

猫は年老いていく毎に睡眠時間が増えていきます。10歳を超えてくるころには1日のほとんどを寝て過ごすようになるので、安心して寝られる場所を確保してあげましょう。

それと同時に寝る場所の環境を整えてあげることも重要です。ここでは年老いた飼い猫の寝床に関する注意点をご紹介します。

飼い猫のお気に入りの場所を整備

猫は自分にとってお気に入りの場所を自分で決めたがります。ここで寝なさいと押し付けるようなことはせず、猫にとって最もお気に入りの場所を尊重してあげてください。

寝る場所を飼い主が決めようとしても猫は自分の意志で決めたいものなので、飼い主が決めた場所で寝床を整備してあげても意味がないので注意してくださいね。

寝床の温度調節をする

年老いた猫は体温の調節が上手くできなくなっているので極端な寒暖による体への負担が大きくなります。夏は暑さ対策を、冬は寒さ対策をしてあげるようにしてあげましょう。

夏は冷房をかけ、冷気が直接猫の体に当たらないようにしてください。冬は暖房器具を寝床の下に敷いてあげるようにすれば快適な温度で寝られるのでおすすめですよ。

寝床の硬さに要注意

より快適な環境で寝かせてあげたいと思うと、ふかふかの柔らかいベッドや布等を用意してあげてしまいがちですが、年老いた猫にはその気持ちが逆効果になってしまうことがあります。

年老いた猫は体の機能が低下しているので猫本来の身体能力を活かすことが困難になっています。特に足腰が弱くなっていくので、ふかふかした足元ではふらついてしまい、上手く歩けず、立ち上がるたびに足腰に負担をかけてしまうようになります。

寝ている時間が長くなっているとはいっても、絶えず寝ているわけではないので、寝床の外へ出る際の配慮をしてあげましょう。

まとめ

老いてきた飼い猫のために心地の良い寝床を用意してあげることは猫にとってはとても嬉しいことです。1日のほとんどの時間を寝て過ごすようになると、それだけ寝床のもつ重要性が高まるので、しっかりと猫の気持ちに配慮してあげてください。

体が衰えてきているからといって、不健康であるということではありません。体の機能が低下しているだけなので、飼い猫に対して配慮する姿勢を崩さなければ飼い猫の健康を維持できます。

しかし裏を返せば、飼い猫の体に対する配慮を怠ってしまうとアッという間に健康を害してしまうこともあります。

末永く健康な状態で生きられるように、年老いた飼い猫の体に気を使ってあげてくださいね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護士が解説】介護を手助けしてくれる、ペットの外部サービスとは?

愛犬、愛猫が高齢になり、病気がちになると食事や排泄、投薬やリハビリなどやらなくてはいけないことが1日の中にたくさん詰め込まれることになります。そうすると、飼い主さん自身が疲れてしまったり、外……

老猫・猫の老化

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

老猫・猫の老化

高齢の猫だからこそ、心をこめてお世話したい。シニア猫のためのデイリーケア。

高齢のペットのケアというと、どうしても介護という言葉が頭に浮かびがちですが、要介護ではないけれど、何となく寝てばかりになった高齢の猫に対して飼い主さんはどんなケアをしてあげれば良いのでしょう……

老猫・猫の老化

子供にこそちゃんと伝えたい!子供の年齢別ペットロス対処法~後編

前編では少し小さな子供の『ペットロス』についてご紹介しました。 後編ではもう少し大人と変わらないくらいの感情や概念が理解できる年齢の子供達とペットロスについてご紹介したいと思います。 ち……

老猫・猫の老化

体の変化を見逃さずに!高齢猫と暮らす上で注意したいこと・健康管理の方法

猫が高齢になった時、お部屋の中でも思わぬ事故につながることがあります。また、今までできていたことができなくなってしまうこともあります。 猫の体の変化に気をつけながら、安心して猫が生活で……

老猫・猫の老化

認知症の犬や猫との生活で気をつけることを獣医師が解説

飼い主の健康管理に対する意識の向上や獣医療の進歩などによって、犬や猫も以前に比べて長寿になってきました。それに伴い、高齢の犬や猫に人の認知症に似た症状が出るケースが増えていることを知っていま……

老猫・猫の老化

【動物看護士が解説】老猫のトイレの介護は?正しいやり方を教えます

猫の寿命は長く、20歳以上の長生きな猫にも時々出会うことが出来ます。病気がなかったとしても、当然ながら身体は衰え、若い時のように俊敏に動くことは出来ません。1日中寝てばかりいる猫も多いでしょ……

老猫・猫の老化

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

老猫・猫の老化

【共感必須】若い頃にはなかった良さがある!老犬・猫のエピソードまとめ

犬も猫も歳をとると、私たち人間と同じように介護が必要になるなど衰えを感じる事もあります。しかしシニアだからこその良さもたくさんありますよね!今回は若いころにはなかった、シニアの犬猫ならではの……

犬のニュース

動物看護師が選ぶ!足腰が弱ってしまった老犬・老猫のためのグッズ3選

犬猫が歳を重ねると、避けて通れないのは体の運動機能の低下。腕や脚の動く範囲は狭くなり、体が動かしにくく、寝ていても寝返りを打ちにくい。自宅の犬猫を愛する飼い主さんなら、その姿を見て、「少しで……

老猫・猫の老化

猫の安楽死…。もう助からない愛猫が苦しんでいる時、あなたはどうする?

高齢化が進む日本。もし年を取って、病気になって辛い延命治療をするくらいなら、苦しまずに安らかに死ねる安楽死をしてもらいたい…。そう思う人は案外多いのではないでしょうか? 私の両親も、「……

猫の殺処分

【動物看護士が解説】老猫と気持ちよく過ごす為の環境づくりのコツとは?

長寿な猫が多いことをご存知の方は多いと思いますが、長寿の猫とどうやって暮らすのが良いのかご存知の方は少ないでしょう。運動量も落ち、耳や眼が悪くなり、寝ていることが多くなった愛猫にどんな生活環……

老猫・猫の老化

猫の老化のサインはココをチェック!猫と遊びながら健康診断する方法

ネコは10歳からがシニアの仲間入り。イヤイヤ、7歳を過ぎたら気をつけないと…。色んな説があるようですが、猫の老化は「猫それぞれ」かもしれません。 猫も生育環境や性格から老化のスピードに……

猫のバイタルチェックの注意点

動物看護士が選ぶ!おすすめの犬用カート

突然ですが、愛犬や愛猫の”最期”を想像したことはありますか?その想像の中にいる愛犬、愛猫の姿はどんな姿ですか?白髪が増え、体は痩せてはいるものの、ふらつきながらもなんとか立ち上がり、自力でヨ……

猫のお出かけ・お散歩グッズ

どうして死んじゃったの?猫の死因に納得が行かない時にできること

愛猫が病院で死んだ場合、アメリカではそのまま動物病院に置いていく人も多い、という話を聞いたことがあります。 どんな理由があるにしろ、死んでしまったからとはいえ、愛猫の遺体を動物病院に置……

老猫・猫の老化

猫の最期・終わりのサインが近づいたら…辛いけど知っておいて欲しい事

考えたくない、と思っても、いつか必ずやってくる猫との別れ…。愛猫が12歳をすぎたあたりから、一応情報をチェックして心の準備だけでもやっておくと良いでしょう。 といっても私は今まで一緒に……

猫の幸せ

【獣医師が解説】シニア期に病気になってしまった愛犬・愛猫にできること

犬や猫も年齢とともに、様々な病気にかかってしまうリスクが増えてきます。時には、治療の難しい病気にかかることもあるかもしれません。そうなった時に、愛犬や愛猫のためにどのような選択ができるか知っ……

老猫・猫の老化

猫の老化は7歳から。ネコの老化のサインはこの5つをチェック!

我が家の愛猫カイトは今年で7歳。まだまだぱっちりお目目も毛並もツヤツヤ。せっかく保険に入っているのに、7年間1度も使ったことがありません。 カイトを見ていると、 「猫の7歳なんて……

老猫・猫の老化

猫がご飯を食べない!?猫の老化と食事について

年老いた飼い猫は体の機能がそれまでに比べて衰えています。 顎の力が弱くなっていて硬いものを噛む能力が落ちているので、従来の食事をそのままに与えていると食事離れの原因となり、食事を取らな……

猫の食事・キャットフード

飼い主さん必見!老犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

老猫・猫の老化