2016年12月28日更新

「授業参観」も「修行」もある!? 「猫の幼稚園」に行ってみた!

都心の猫保護NPO

大阪市淀川区、JR新大阪駅が最寄りのマンションで、子猫24匹、成猫16匹(内4匹は現在、他の施設)スタッフ猫2匹、計42匹の猫を保護するNPO法人「猫の幼稚園」。一級建築士でもある理事の伊與田道代さんを中心に、6人のスタッフによって運営されています。

「猫の幼稚園」の活動には、家族として終生慈しんで飼育できる飼い主さんを捜すための「お見合い会」、猫の魅力を知ってもらい、猫達と楽しく触れ合える「授業参観」、保護した猫たちを一般家庭で生活できるように慣らす「家猫修行」などがあります。

猫と人とが出会う「授業参観」と「お見合い会」

最初から里親を希望する方が猫と直接触れ合う「お見合い会」の他に、「猫の幼稚園」には「授業参観」という活動があります。授業参観は猫を引きとる予定はなくても、猫と触れ合ってみたい人は参加可能。土曜・日曜・祝日の午後2時から6時の間に大人1000円、子ども500円で猫に触れたり、一緒に遊んだりすることができます。

また、参加者が猫に猫用のおやつをあげることができる「おやつタイム」も。おやつは「授業参観」以外では与えられないものなので猫は楽しみにしているそうです。だから、「おやつタイム」は少し怖がりな猫が人間に近付くきっかけになっているのです。

「授業参観」は気軽に参加できるよう、予約は不要。「授業参観」の最中に、一緒に暮らしたいと思う猫と出会ったら、そこから「お見合い会」に移行できます。

時間ごとに料金が加算されたりすることはなく、ジュースやお菓子のおかわりもできるので「猫カフェに比べてお得かもしれませんよ」と副理事の水野さん。

すぐに猫を引きとることにつながらなくても、命のあたたかさに触れ、猫たちがどんな理由で保護されているかを知ってもらえれば、将来の動物福祉につながると考えているそうです。「授業参観」も「お見合い会」も、猫が普段生活している空間で行うので、のびのびとした姿が見られます。


おやつタイム

普段の生活が人間と暮らすための「修行」

保護された猫たちは、一級建築士でもある理事長の伊與田さんの事務所兼自宅で生活します。伊與田さんの生活するスペースと猫のいるスペースに仕切りはなく、同じ空間で寝起きしたり食事をとったりします。だから、元々ケージの中で暮らしていたり野良だったりした猫も、自然と人間と生活することを覚えていきます。

また、子猫も子猫同士集めて集団生活をさせることで、社会性を身につけ、里親宅での噛み癖を防ぎます。このように普段の生活の中で、譲渡先の家でもスムーズに暮らせるように訓練することを「猫の幼稚園」では「家猫修行」と呼んでいます。


じゃれる子猫

限られた空間でものびのび暮らせる工夫

「猫の幼稚園」は普通の3LDKのマンションでの運営なので、どうしても床面積は狭くなってしまうとのこと。しかし、棚の下に立体的にご飯場所やトイレが配置されていたり、長椅子の下が来客用の荷物の収納スペースだったりするためか、広々としているように感じました。


長椅子の下の収納スペース


棚の下にご飯スペース

さらに、一級建築士でもある伊與田さんは、部屋のあちこちに猫が好む上下運動ができるような工夫をしています。「部屋の棚の上は猫が通れるように開けてあるんです。まだ人間が怖い子は棚の上に避難できます。おやつタイムに下りてきて、そのままくつろぐ子もいますが」。


高いところから様子をうかがう

他に、掃除や消毒などがしやすいように、床は溝にゴミのたまるフローリングではなく病院の床等に使用する、継ぎ目のないビニールシート貼りに、壁は猫が爪とぎしても傷つきにくい表面強化クロスを貼っています。猫の快適さのために、専門知識を活かした部屋作りをする伊與田さん。猫との暮らしのための住宅相談も行っているそうです。


猫にとってはアスレチックのような部屋

猫と人の幸せを強く願って

「猫の幼稚園」では動物管理センターや、近隣の警察署、ペットショップ・ブリーダーから保護された猫たちが過ごしています。殺処分を逃れてきた子猫や、多頭飼育が過ぎて崩壊状態の家から引きとられてきた猫、繁殖のために狭いケージに閉じ込められ、子宮がボロボロになってしまうまで出産させられてきた猫もいるそう。そんな状況を、副理事の宇野さんは「不幸な猫が多すぎる、ここに来た猫たちは絶対に幸せにする」と言います。

「猫の幼稚園」でも他のNPO同様ワクチン接種など猫の健康管理を行っておりますが、特に力を入れるのは感染力が強く、死亡の恐れもある猫パルボウィルスの予防対策。現在、広く使われている犬用の簡易検査キッドではなく、他の施設ではなされていないであろうパルボウィルス遺伝子検査を全頭実施しています。精度の高い遺伝子検査で陰性の結果が出るまでは隔離するという方法で、感染予防を徹底し猫たちの命と健康を守っています。
取材当日もかかりつけの獣医さんが往診に来ていて、幼稚園の猫たちに血液検査の為の採血やワクチン投与をしておられました。


かかりつけの獣医さんによる注射

NPO法人 猫の幼稚園 HP http://www.cat.zaq.jp/nekonoyoutien/index.html
ブログ http://nekonoyoutien.a-thera.jp/

谷町 邦子



関西在住のフリーライター。猫が大好き、犬も好き

Facebook

関連記事

【minne作家インタビュー】猫の手を借りて♪肉球マドラーの作家さんにインタビュー!

くにっと曲げた猫の手が可愛い『肉球マドラー』が「minne」で人気の作家CUPIKAさんにインタビューしました! 作品作りを始めたきっかけ・時期は? お祭りで売っていたガラス細工……

猫のニュース

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

驚異の身体能力!!猫が受け身を成功させる3つの秘密

「あっ、危ない!」天井に近い高さから、猫が誤って落下してしまった。あなたは、一瞬ヒヤッとしますが、そんな心配も知らずに、猫は一瞬のうちに体勢を変えて、見事な着地を見せます。まるで、体操選手を……

猫のニュース

猫に愛される人はごく自然に行っている♪猫にモテる7つのアクション

2足歩行のほ乳類にはゼンゼンモテないワタクシですが、四つ足の動物からは比較的フレンドリー。猫カフェで初めて会う猫達や、保護犬なども、初対面でもよく打ち解けてくれます。 「弱い犬ほどよく……

猫のニュース

猫だけじゃない!人間にも効果抜群♪マタタビの凄い効果を試してみよう

猫にマタタビ。いえいえ、「人間にもマタタビ」、というべきかも知れません。もともとマタタビは人間の疲労回復に効果があるって知っていましたか? マタタビと言う名前は「疲れた旅人がマタタビの……

猫のニュース