2016年10月27日更新

体の変化を見逃さずに!高齢猫と暮らす上で注意したいこと・健康管理の方法

猫が高齢になった時、お部屋の中でも思わぬ事故につながることがあります。また、今までできていたことができなくなってしまうこともあります。

猫の体の変化に気をつけながら、安心して猫が生活できるようにお部屋の中の環境を整えていきましょう。そのためには、普段から猫の様子をしっかり観察しておくことがとても重要なのです。

高齢猫の体の変化に伴ってお部屋の環境を整える

猫が高齢になると、お部屋の中で過ごしていても思わぬ事故につながってしまうことがあります。まずは、お部屋の中の危険な箇所から猫を守るために、普段から対策をしておきましょう。

今まではジャンプが大好きだった猫も、筋力の低下と共にジャンプが思うようにできなくなったり、落下してしまったりします。

高いところから外の景色を見ることは、高齢猫にとっても気分転換になりますので、ジャンプせずに上れるように階段などの足場を設置してあげるようにしましょう。

夏は高いところでも涼むことができるよう冷感マットを敷いたり、冬はホットカーペットを置くなどの工夫をしましょう。ただし、ホットカーペットなどはやけどに注意が必要です。

お気に入りの場所にいた猫がぐったりしていた、なんていうことにならないよう注意しましょう。

高齢になった猫が安心して眠れるように

高齢になった猫は体温調節する機能が低下してきます。また、睡眠時間が長くなり、食事の時以外はほとんど寝ているというような猫も少なくありません。季節ごとの温度変化が猫の体調にも影響しますので、できる限り体に負担をかけないよう注意しましょう。

高齢猫は長時間の睡眠をとるため、お部屋の中にいくつかのベッドを用意しておくとよいでしょう。夏は、クールマットを敷いたり、凍らせたペットボトルをタオルでくるんだものを置いたりして、猫が快適に眠れる環境を整えておくことが大切です。

特に湿度が高くなる夏は、猫にとって大きなストレスになりますし、熱中症にも注意が必要です。

エアコンを使用したり、直射日光を遮る工夫で部屋全体の温度が上がらないよう注意しましょう。また、新鮮なお水もいくつか用意しておくようにしましょう。

日頃の健康チェックと食事管理が大切

高齢の猫は、様々な原因のもとに体調を崩してしまうことがあります。加齢や体の機能の低下、遺伝的な病気、生活習慣によって起こる病気など、色々な変化が起こるものです。

猫が高齢になった時には、日々の健康チェックと食事の見直し、定期的な健康診断などをこまめに行い、猫の体の変化を見逃さないようにしましょう。

水を飲む量と排泄の回数が増えていると気づいた時、慢性腎臓病になっているということもあります。食欲低下の原因が、重大な病気という場合もあれば、気温差によるストレスという場合もあるのです。

夏の暑さで食欲が低下している場合は、ウェットフードなどを上手に活用して、積極的に栄養補給、水分補給ができるようにしておくことも大切です。

普段から高齢猫の様子をチェックしておくこと

愛猫が高齢期を迎えると、体に様々な変化が出てきます。思わぬ事故や病気を防ぐ為にも、事前に対策をしておくことはとても大切なことです。

日頃の食事も今までの物からシニア向けのものに変えたり、病気によっては療法食に切り替えが必要な場合もあります。

普段から猫の様子を観察し、定期的な健康診断を行う、猫の体の変化に気づいた時は早めに獣医師に相談するなど、安心して過ごせるように準備をしていきましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

老猫の便秘は危険!年老いた飼い猫の排泄を促す方法とは

老化が進んでいる飼い猫にはさまざまな症状が起こります。 猫の老化が進むと頻尿になり、お漏らしをしてしまう等の症状が出ることが多く、排尿や排泄がしにくくなることもあります。特に便秘の症状……

猫の老化について

睡眠時間が長い老猫に。猫の寝床の作り方・注意点について

猫は年老いていく毎に睡眠時間が増えていきます。10歳を超えてくるころには1日のほとんどを寝て過ごすようになるので、安心して寝られる場所を確保してあげましょう。 それと同時に寝る場所の環……

老猫の病気

高齢の猫だからこそ、心をこめてお世話したい。シニア猫のためのデイリーケア。

高齢のペットのケアというと、どうしても介護という言葉が頭に浮かびがちですが、要介護ではないけれど、何となく寝てばかりになった高齢の猫に対して飼い主さんはどんなケアをしてあげれば良いのでしょう……

猫の老化について

獣医師が教える! 犬・ネコの寿命が近いときのサインと飼い主ができること

犬や猫の寿命はヒトより短く、いずれは別れのときがやってきます。いつ頃そのときが来るのか、犬・猫は寿命が近付くとどうなっていくのか、知識があれば心構えもできますよね。今回はもも動物病院の谷祐子……

犬の死とペットロス

【動物看護士が解説】介護を手助けしてくれる、ペットの外部サービスとは?

愛犬、愛猫が高齢になり、病気がちになると食事や排泄、投薬やリハビリなどやらなくてはいけないことが1日の中にたくさん詰め込まれることになります。そうすると、飼い主さん自身が疲れてしまったり、外……

体が衰えた老犬の介護