2015年8月13日更新

愛犬の健康は毎日の歯磨きから【歯磨きの仕方】

愛犬家の間では、毎日の習慣として歯磨きをすることが常識になりつつあります。犬も人間と同じように食事をしているので、歯磨きをしないと歯垢がどんどん付いてしまうのは想像できるでしょう。

犬の寿命もどんどん伸びているので、以前と比較すると歯周病や口臭を気にされることも多いです。歯周病は放置すると心臓や腎臓に悪影響を及ぼすこともあります。歯も体もいつまでも元気でいてくれるよう、毎日のケアを行いましょう。

犬と人間の口の違い

犬は人間と違って、口の中がアルカリ性に偏っており、食べ物の残りかすがたった1日で歯垢に変化してしまいます。そして歯垢を放置すると、3‐5日かけて歯石に変化してしまいます。このスピードは人間の5倍の速さなので、人間以上に歯垢、歯石が付きやすい環境です。

歯磨きを始めるにあたって

歯磨きは歯ブラシを使って行うことも、ガーゼを指に巻きつけてマッサージのようにして行うこともできます。

歯磨きをしてあげるにはしっかりと口を押さえて一定時間我慢をしてもらわなくてはいけないので、子犬の頃から歯磨きの練習をすることがベストです。徐々に慣れさせていくにあたって、ガーゼを指に巻いてマッサージをすることから始めてみても良いかもしれません。

歯磨きの方法・歯ブラシの選び方


歯ブラシは犬用のものを購入することもできますが、人間の子供用のヘッドの小さい柔らかいものを購入しても構いません。人間と同様で歯周ポケットという歯の根元の部分に歯垢が溜まりやすいので、優しくマッサージをするように心掛けましょう。

そして、犬の口の奥歯までしっかりと磨くことが重要です。犬の歯は全部で42本あるので、口を開いて奥まで見てみないと磨くこともできないと思うので、飼い主さんも努力する必要があります。

オーラルケア用品

毎日歯磨きをすることができれば、必ず使用しなくてはいけないケア用品は特にありません。歯垢を付きにくくするスプレーや歯磨きペーストなども販売されていますので、併用される分には問題ないと思います。動物病院でも扱われているものも数種類あります。

歯石が目に見えて付いている場合は一度その歯石を除去してからでないと、いくら歯磨きをしても残念ながら何の意味もありません。せっかくこれから歯磨きをしようと思っているお気持ちがあるのであれば、動物病院で全身麻酔をしてきれいにするデンタル処置をしていただいた方が良いと思いますので、一度獣医師に相談してみましょう。

動物病院によっては歯磨き教室を行っているところもありますので、歯磨き習慣を始めるに際して一度参加してみるととっつきやすくなるかもしれません。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬のしつけの基礎

【獣医師が解説】犬や猫の口腔内の衛生管理について

犬や猫の「口の中」に注目されるようになったのは比較的最近のこと。犬や猫の寿命が伸びて、歯周病が増え、それが元になる病気が増えたり、臭いが気になったりするようになってきたため来院されることが多……

犬の歯の磨き方

【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

シーズーの性格と性質 性格 シーズーは家族と遊ぶことが大好きで、楽しく遊んだかと思えば、膝の上で抱っこされたまま寝てしまうなど、愛玩犬として代表的な可愛らしさを持っています。人懐っこ……

犬の毛のお手入れ

【動物看護師が徹底解説!】犬の永久歯が抜けてしまったら…原因別対策法まとめ

ある日突然、愛犬がごはんを食べなくなった。大好きなジャーキーも骨のおもちゃも噛もうとしない。体調の変化がないのに、食欲だけがなくなり、何も口に入れようとしないのはもしかしたら、歯が痛いのかも……

犬の歯のチェック

愛犬の健康は毎日の歯磨きから【歯磨きの仕方】

愛犬家の間では、毎日の習慣として歯磨きをすることが常識になりつつあります。犬も人間と同じように食事をしているので、歯磨きをしないと歯垢がどんどん付いてしまうのは想像できるでしょう。 犬……

犬の歯のチェック