2015年8月12日更新

猫もケージ飼いができる!?安心してケージで過ごす為の準備・注意点について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫もケージに慣らすことで、しつけの面や普段の生活、さらには災害時など、役に立つことがたくさんあります。

しかし、ケージに慣らす為には、猫が快適にその中で過ごせるような工夫や注意点があります。子猫の頃からケージ飼いをする場合は安全の為にも役立ちます。

飼い主さんにとっても安心につながる猫のケージ飼い、事前によく考えて準備するようにしましょう。

 

猫のケージは大きさや高さに注意

猫をケージ入れるということは、習慣にすることで様々なメリットがあります。

しかし、本来は上下運動が大好きな猫、活発に動き回ることが大好きです。その為、ケージを選ぶ段階から、高さがあり、ジャンプができる猫専用のケージを用意してあげるようにしましょう。

猫自身はテリトリーをとても大切にするものです。ケージの中に、トイレ、食事場所、ベッドと分けてあげることができる三段ケージなどは猫にとって安心できる場所になります。

高さがあれば、そこから見下ろしていることも大好きですし、突然の来客時なども安心できるケージがあることで猫自身が落ち着くことができます。留守番などをさせる時や、どこかに預ける場合なども猫がケージに慣れていることで安心することができるのです。

子猫の時にケージに慣らすことで安全対策

子猫の時からケージ飼いに慣らしておくことで、しつけがとてもスムーズになることがあります。特に、日中に自宅を留守にする場合、子猫は部屋の中で遊んでいるうちに思わぬ事故につながってしまうケースもあります。

そんな時、ケージの中であれば、怪我や事故の心配もなく、安心して過ごさせることができます。

ただし、子猫の時であっても大きなケージを用意し、中で運動ができるような工夫をしましょう。子猫用の小さなキャットタワーなどを入れておくことで、ストレスなく過ごすことができるような工夫をしてあげることが大切なのです。

もちろん、帰宅後は、ケージの中から出してたっぷりと遊んであげたり、優しく撫でるなど、子猫とのコミュニケーションを大切にしてあげましょう。人に慣らすことも、子猫にとってはとても大切なことなのです。

 

猫の体調に配慮したケージの環境

猫の体調が悪い時や怪我をしてしまった時なども、ケージ飼いをしておくことで安心して過ごすことができます。猫は環境の変化にとても敏感なものです。いつものベッドと違う、トイレが違う、そういったことでも体調を崩してしまうことがあるのです。

だからこそ、いつものケージで安心して過ごすことができるということにメリットがあります。

体調が悪い時などは、ケージの中で過ごす時間も普段より長くなります。水はいつでも飲めるようにしておくこと、また直射日光が当たらないようにするなど、ケージの置き場所や環境にも十分注意してあげるようにしましょう。

寒い季節はケージ全体を毛布などで囲ってあげたり、ベッドにペット用ヒーターを入れるなどして、猫がゆっくり休むことができるようにしてあげましょう。

猫のケージ飼いも日々の習慣がポイント

猫がストレスなくケージで過ごすことができようになるには、日頃の習慣がとても大切になります。

まずはトイレを設置してみる、ごはんをケージの中で与えるようにするなど、普段からケージに出入りするようにしてみましょう。

子猫の時から慣らしておくと、災害時など万が一の時に身を守る意味でもケージは猫に役立ちます。メリットと注意点をよく考えてケージ飼いをすることが大切なのです。