2015年8月12日更新

ペットショップ、ブリーダー、里親募集?お気に入りの犬を見つける方法について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は犬種が同じでも表情や大きさが個体によって各々異なります。

犬を飼い始めるということは10年前後一緒にいることを意味するので、最高に気に入った子を家族に迎え入れたいと思うもの。犬を飼い始める方法にはいくつかあるので、それらの手段を用いて犬と出会い、厳選した上で飼う犬を選ぶようにしましょう。

ここではお気に入りの犬と出会うための方法をご紹介します。

 

ペットショップからの出会い

犬を購入する場合、現在の日本ではペットショップからの購入が一般的となっています。

大手のペットショップでは狂犬病や混合ワクチンの接種を済ませてある場合があり、血統書付きの犬を取り扱っていることもあります。

しかし、最近では生体販売に対する批判も多く、劣悪な環境で生体管理をしていたペットショップが摘発されるなど、ペットショップの存在そのものを否定する声も大きくなってきています。

ブリーダーとの出会い

ブリーダーが運営しているサイトには生まれたばかりの子犬の情報が載っています。ブリーダーから犬を購入することのメリットは、飼いたい犬種が決まっているときに気に入る個体を探しやすいという点です。

ブリーダーは特定の犬種を交配させ、その犬種に特化していることが多いです。またブリーダーとの出会いを通じて、犬の飼い方に関するアドバイスをいただくこともできるので、気になる犬種が見つかったらコンタクトを取ってみましょう。

ブリーダーの中には、近親交配させるなどして人気犬種を無理に繁殖させる悪質なブリーダーも少なからずいます。信頼できるブリーダーなのか、一度は繁殖環境を見学してみてもいいかもしれません。

里親募集からの出会い

里親募集は、基本的には引取先のない犬を受け入れるという意味合いが強いので、犬を引き取るためにかかる直接的な費用は無料となることがほとんどです。

ネット検索で里親募集を探してみましょう。里親を募集しているわんちゃんは保健所等で一時的に引き取られ、受け入れ先を探しているという場合が多いので、犬の命を救うという非常に大きな意味を持ちます。

犬を飼うことを検討しているならば、ぜひ里親募集を見てみてください。

まとめ

犬を飼いたいと思ったときに、お気に入りの犬と出会うための方法はいくつもありますが、ぜひペットショップからの購入ではなく、里親を探している保健所やNPO団体からの引取りを検討していただきたいです。日本中でたくさんの犬たちが里親に引き取られることを待っているのです。その中には、きっと運命的な出会いが待っているはずです。

時間をかけてじっくりと選んだ犬を家族として迎え入れる瞬間の喜びや感動はきっと想像を超えたものになりますよ。犬との素敵な時間を過ごしていってください。