2017年6月7日更新

可愛さだけで選んでませんか?犬を選ぶ際のポイント・注意点について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

『犬を飼ってみたいけれど、可愛いってだけで選んでしまっていいものなの?』『犬は従順だってよく聞くけれど、どの犬種も同じように従順なの?』と心配になった経験のある方は多いのではないでしょうか。

犬を飼い始めるとしつけを行わなければならず、犬種に限らずそれぞれの個体に性格があり、さらには性別によっても特徴がわかれます。

ここでは犬を選ぶ際に注意すべきポイントについてご紹介します。

 

犬種の特徴を考慮する

イメージだけで飼う犬種を決めてしまうのは危険です。例えば、小さくて見た目が可愛い犬種だからといって大人しいとは限りませんし、大きくてたくましい犬種だからといって噛まないとも限りません。

飼いたいと感じた犬の特徴について、しっかりと調べてから飼い始めるようにしましょう。

犬種の基本的な大きさ

同じ犬種の犬であれば、個体の大きさはそれほど変わりません。あなたが飼いたいと思う犬種が成犬になったときにどれくらいの大きさになるのかを予め知っておくようにしましょう。

成犬の大きさで考慮しなければならない点は生活環境の広さです。

例えば大型犬をワンルームの部屋で室内飼いすると、狭さからストレスを感じてしまいます。大型犬を飼いたいときには、犬が空間からストレスを感じないような生活環境を用意してあげられるかを検討してみてください。

また小型犬を飼いたいときには、生活環境の中に危ないものが置かれていないかどうかが重要になります。小型犬は体が小さい分、ケガをしやすいので注意しましょう。

犬種の基本的な性格

犬はやんちゃな性格の子より大人しい性格の子のほうが飼いやすいですが、一方で大人しい性格の子は神経質で臆病なことが多いので、ストレスを感じやすくひどいときには病気になってしまいます。

そのあたりを考慮すると、明るくてかつ人間のことが好きな性格をしている犬を選ぶことが最も飼いやすいと言えます。初対面の相手に対しても近づいていくくらいに社交的で人間好きな性格をしている子を選ぶことをおすすめします。

また飼い主さんの性格・特徴との相性によって性格を選ぶことも重要です。

例えばドッグランなどのアウトドアな遊びを一緒にしたいなら活発な子を選ぶようにしたほうがいいですし、お家でまったりしたいなら温厚な子を選んだほうがいいです。

とはいっても、基本的に犬は体を動かすことが好きなので、お外で遊ぶことが嫌いな子はほとんどいません。おもちゃに対する興味を持ちやすい子なのかどうかで判断するといいでしょう。

まとめ

犬の選び方についてご紹介しました。犬を飼うと、長い時間を一緒に過ごすことになります。

あなたが直感的に飼いたいと思った犬種を飼うということももちろん大事ですが、その犬種について深く知り、様々な要因を考慮した上で飼う犬種を選ぶようにしたほうがあなたのためであり、犬のためにもなります。

飼いたい犬種の特徴を考慮し、天秤にかけながら結論を導き出すようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ