2015年8月13日更新

こんなはずじゃなかったのに!とならないためのミニブタの勘違いされやすい誤情報をご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

巷にはペットに関する都市伝説や嘘情報がたくさん転がっています。ミニ豚もその例に漏れずたくさんの誤った情報がインターネットに掲載されていたり、ひどい時にはペットショップの店員さんの口から言われていることもあります。

大体は「ちょっと違うよ」と笑って済むものばかりなのですが、中にはミニ豚や飼い主に深刻なトラブルを招きかねない「洒落にならない」勘違いもあるのです。

今回はそんな誤情報についてまとめたので、みなさんは踊らされないよう気を付けてください。

 

ミニ豚は小さいブタ?

テレビで放送されるミニ豚はとても可愛い「子ブタちゃん」です。あんなにコロコロしている子ブタも成長すると50kgまで成長することも珍しくはありません。

50kgがどのくらい大きいかというと、犬では秋田犬やセントバーナードの超大型犬クラスです。他のペットと比較してもここまで大きくなるペットはあまりいないでしょう。

それでも近年ミニ豚に注目が集まるようになると「20kg~30kg程度ですよ」という宣伝文句でミニ豚を販売する業者も少なくありません。

それに騙されてミニ豚を購入してしまい、巨大化したミニ豚を目の前にして「こんなはずじゃなかったのに!」と頭を抱える飼い主さんもいるとか。

ミニ豚の「ミニ」はあくまで体重が200kg~300kgになる通常のブタと比べて「ミニ」なだけである。ということを正しく認識しましょう。

ミニ豚は清潔?

ミニ豚は清潔、綺麗好きで排便の手間は掛からない。という情報も良く目にします。実際のところはどうなのでしょうか?

確かにミニ豚はとても綺麗好きな生き物です。トイレも「基本的」には決まった場所にしますので、インコなどのペットのようにトイレのしつけが不可能というわけではありません。

ただし、しつけが失敗した場合は寝床でおしっこしたり、逆にトイレで寝てしまったりというトラブルが起きることがあります。

そうなったら、排泄物まみれの体で歩き回り、室内が大惨事…。ということは容易に想像できちゃいますね。綺麗好きというのは、あくまでしっかりとしつけをした前提。ということを頭に入れておきましょう。

ちなみに外でミニ豚を飼う場合は排泄物関係については、あまり悩む必要はないでしょう。

 

ミニ豚について正しい知識を持ちましょう

ミニ豚は賢い、綺麗好き、人に慣れやすい、といった情報は全て正しいのですが、違った視点から見れば全てのミニ豚に当てはまるわけではありません。

その「例外」をあらかじめ知っておくことも、長い付き合いでは必要ではないでしょうか。

 
 

関連カテゴリ