2015年8月14日更新

愛犬家必見!もっと楽にフィラリア予防!進化する予防薬

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

フィラリアを予防することは愛犬家にとってはもはや義務といってもいいのではないでしょうか。フィラリアは感染してしまうと、命の危険に関わる病気です。そのためにも、様々なタイプの予防薬が販売されています。都会では室内飼育の犬がほとんどですが、散歩やベランダなどで蚊に刺される可能性が0%でなければ予防はすべきでしょう。

 

フィラリアについて

フィラリアは寄生虫の一種で、蚊に刺されることにより犬の体内に入り、いずれ血管の中に移動し、最終的に心臓、肺動脈に寄生をします。蚊に刺されることにより感染するので、イメージとしては蚊の活動する時期(5月~12月あたり)に予防薬を使用する地域が多いです。

従来の予防薬の種類

フィラリアの予防薬は、『蚊に刺されることを予防する薬』ではなく『蚊に刺されても、フィラリアに感染するのを防ぐ』ための薬です。おいしく食べられるチュアブルタイプ、錠剤タイプ、スポットオン剤で液体を皮膚に塗るタイプなど、使いやすさも犬によって違うと思います。

チュアブルタイプ

チュアブルタイプといってお肉のようにできており、おやつのように与えられるという利点もあり一番多く親しまれているタイプと思われます。いくつか種類がありますが、月に一回飲ませる必要がありますので、カレンダーなどに書いてきっちり忘れないようにしてください。

錠剤

錠剤もチュアブルタイプに続いて人気です。薬の価格も錠剤タイプのものが最も安いです。またアレルギー体質を持っている犬は、チュアブルタイプに含まれるお肉の成分などにより痒みが出たり、お腹を下したりというアレルギー症状が出る危険があるので、錠剤がお勧めです。毎月一回服用。

【関連記事】獣医師が教える「犬に薬を飲ませる方法」

スポットオン剤

スポットオン剤とは、一般的にノミやマダニを駆除する目的の首のあたりに付ける液体のお薬のことです。液体が数日かかって体に吸収され、効果が発揮されます。チュアブルタイプ・錠剤タイプに抵抗がある飼い主に好まれています。ただ液体なので、数日はシャンプーを避けることは勿論、多頭飼いで他の犬が舐めないように気をつける等の配慮は必要です。毎月一回塗布。

 

新しい予防薬

比較的新しい薬が注射薬です。この予防薬はここ3年くらいの間に徐々に市場規模を伸ばしています。注射薬の優れている点は、1年間効果が持続するため一回の注射で一年間の予防が済み、飲み忘れの心配がないことです。季節外れの蚊がいても安心できます。飼い主にとってはとても朗報です。

ただ体重によって注射の量が決まるのであまりに体重が増えてしまうと、予防効果が不完全になる可能性があります。またアレルギー体質のある犬は特にアレルギー(軽度から重度な症状まで)が出る可能性が、通常の犬よりは多いようなので、避けたほうが良いと思われます。

このように、予防薬によって色々な特色があります。動物病院によって取り扱っている予防薬も様々ですので、気軽に獣医師と相談してみることをお勧めします。きっちり予防をすることで犬の健康を守りましょう。

 
 

関連カテゴリ