2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬が中毒の可能性? 犬に中毒症状が出た場合の症状と治療に付いて~食品編

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

家の中には犬にとって危険な食品や薬品がたくさんあります。好奇心の強い犬は、食べるつもりがなくても噛み付いてしまったり舐めてしまったりして毒を体に取り込んでしまうこともあるでしょう。

中毒が疑われる場合にやるべきことは、なるべく早く病院に連れて行くことですが、飼い主さんも中毒症状や治療方法について知っておくことが大切です。

今回は身近な食品による中毒と症状、治療についてご紹介しましょう。

 

食品による中毒の種類、症状、治療方法について

私達が普段口にしている食品の中には、犬にとっては毒性の強い食品があります。ドッグフードだけを与えているのであれば問題はないのですが、飼い主さんが与えてしまった人間用の食べ物によって中毒を起こすケースは少なくありません。

ここでは特に中毒を起しがちな食品と、それを口にした時に表れる症状、処置方法などをご紹介しましょう。

タマネギ

タマネギ中毒はなぜ起こるか?

タマネギは犬にとって非常に強い毒性を持ちます。タマネギに含まれるアリルプロピルジスルフィドという成分が犬の赤血球を破壊するため、犬は貧血を起こしたり血色素尿を起こしたりする可能性があります。

タマネギ以外にもネギ類、ニンニク、ニラなどにはアリルプロピルジスルフィドが含まれていますので注意が必要です。

犬がタマネギやネギをそのまま食べることは少なく、誤食の事故は人間が人間用の食事を与えたり、犬が残飯をあさったりすることで起こりがちです。

ハンバーグ、つくねはもちろんのこと、タマネギやネギと和えたメニュー等はタマネギ・ネギを取り除いたとしても危険ですので絶対に与えてはいけません。
タマネギ中毒には個体差があります。無症状の犬もいますし、少量で酷い症状が出る犬もいます。血液検査を行なったときに、赤血球上にハインツ小体という構造物が見られた場合には、タマネギ中毒の可能性を疑います。

治療方法

治療方法としては、 催吐を試みるほか、利尿剤の投与や輸液等で体内の毒素を尿から排出させるための処置を行います。

カフェイン中毒

カフェイン中毒はなぜ起こるか?

コーヒー、チョコレートに含まれるカフェインは犬に中毒を起こす可能性があります。

カフェインは細胞内のホスホジエステラーゼという酵素やアデノシンという物質の働きを妨げます。このことで脈が速くなったり、遅くなったり、興奮したり、ふるえたりといった症状が出ることがあります。

犬の場合、に致死量となるカフェインの量は体重1キロ当たり100〜200mgだと言われていますが、これよりずっと少ない量で中毒症状は発現します。コーヒー1杯に含まれるカフェインは約150mg、板チョコレート1枚で約200mgです。

大型犬ならカフェインの入った食品をちょっと齧っただけでは中毒になることはほとんどないでしょうが、体重が1~2キロ程度の小型犬や子犬の場合は特に注意が必要です。

カフェイン中毒の治療

カフェイン中毒に解毒剤はないため、食べてから時間が経っていないようなら嘔吐させます。場合によっては胃洗浄が必要なケースもあります。活性炭を飲ませてカフェインを吸着する方法が取られることもあるようです。
輸液などで利尿を促進するための処置を行なうほか、不整脈が起きている場合には、抗不整脈薬など心臓に対する処置も行なうことがあります。

食品による中毒を防ぐために正確な知識を

食品による中毒はその多くが飼い主さんの無知や不注意から起こっています。

毒性のある食品を体内に取り込むと、命に関わることもあります。また、たとえ症状が出なくても肝臓や腎臓には解毒作用による負担が掛かります。飼い主さんは充分な知識を持って犬の食生活に配慮することが必要です。

【獣医師監修】犬が食べて良いもの・悪いものをもっと知りたい方はこちら