2016年3月5日更新

【獣医師監修】犬が中毒の可能性? 犬に中毒症状が出た場合の症状と治療に付いて~食品編

家の中には犬にとって危険な食品や薬品がたくさんあります。好奇心の強い犬は、食べるつもりがなくても噛み付いてしまったり舐めてしまったりして毒を体に取り込んでしまうこともあるでしょう。

中毒が疑われる場合にやるべきことは、なるべく早く病院に連れて行くことですが、飼い主さんも中毒症状や治療方法について知っておくことが大切です。

今回は身近な食品による中毒と症状、治療についてご紹介しましょう。

食品による中毒の種類、症状、治療方法について

私達が普段口にしている食品の中には、犬にとっては毒性の強い食品があります。ドッグフードだけを与えているのであれば問題はないのですが、飼い主さんが与えてしまった人間用の食べ物によって中毒を起こすケースは少なくありません。

ここでは特に中毒を起しがちな食品と、それを口にした時に表れる症状、処置方法などをご紹介しましょう。

タマネギ

タマネギ中毒はなぜ起こるか?

タマネギは犬にとって非常に強い毒性を持ちます。タマネギに含まれるアリルプロピルジスルフィドという成分が犬の赤血球を破壊するため、犬は貧血を起こしたり血色素尿を起こしたりする可能性があります。

タマネギ以外にもネギ類、ニンニク、ニラなどにはアリルプロピルジスルフィドが含まれていますので注意が必要です。

犬がタマネギやネギをそのまま食べることは少なく、誤食の事故は人間が人間用の食事を与えたり、犬が残飯をあさったりすることで起こりがちです。

ハンバーグ、つくねはもちろんのこと、タマネギやネギと和えたメニュー等はタマネギ・ネギを取り除いたとしても危険ですので絶対に与えてはいけません。
タマネギ中毒には個体差があります。無症状の犬もいますし、少量で酷い症状が出る犬もいます。血液検査を行なったときに、赤血球上にハインツ小体という構造物が見られた場合には、タマネギ中毒の可能性を疑います。

治療方法

治療方法としては、 催吐を試みるほか、利尿剤の投与や輸液等で体内の毒素を尿から排出させるための処置を行います。

カフェイン中毒

カフェイン中毒はなぜ起こるか?

コーヒー、チョコレートに含まれるカフェインは犬に中毒を起こす可能性があります。

カフェインは細胞内のホスホジエステラーゼという酵素やアデノシンという物質の働きを妨げます。このことで脈が速くなったり、遅くなったり、興奮したり、ふるえたりといった症状が出ることがあります。

犬の場合、に致死量となるカフェインの量は体重1キロ当たり100〜200mgだと言われていますが、これよりずっと少ない量で中毒症状は発現します。コーヒー1杯に含まれるカフェインは約150mg、板チョコレート1枚で約200mgです。

大型犬ならカフェインの入った食品をちょっと齧っただけでは中毒になることはほとんどないでしょうが、体重が1~2キロ程度の小型犬や子犬の場合は特に注意が必要です。

カフェイン中毒の治療

カフェイン中毒に解毒剤はないため、食べてから時間が経っていないようなら嘔吐させます。場合によっては胃洗浄が必要なケースもあります。活性炭を飲ませてカフェインを吸着する方法が取られることもあるようです。
輸液などで利尿を促進するための処置を行なうほか、不整脈が起きている場合には、抗不整脈薬など心臓に対する処置も行なうことがあります。

食品による中毒を防ぐために正確な知識を

食品による中毒はその多くが飼い主さんの無知や不注意から起こっています。

毒性のある食品を体内に取り込むと、命に関わることもあります。また、たとえ症状が出なくても肝臓や腎臓には解毒作用による負担が掛かります。飼い主さんは充分な知識を持って犬の食生活に配慮することが必要です。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

犬種ごとにフードが揃う! 犬それぞれの個性に合わせて選べる「ロイヤルカナン」のドッグフード

「ニュートリション」という理念に基いて作られるロイヤルカナンの特徴は何と言っても愛犬の品種、ライフスタイル、体の大きさ、年齢などに合わせて選べるフードの種類の豊富さでしょう。犬は猫に比べると……

犬の食事の基礎

腹時計もばっちり!肥満に注意が必要なパグのエサの量について

額に刻まれた深いしわがいつも困ったような顔に見えるパグ。食べることが大好きで時間がくると「頂戴!」と催促する犬もいるとか。エサをしっかりと食べてくれることはよいことですが、太りやすい体質なの……

犬の食事の基礎

【ドッグトレーナーが解説】ドッグフード 計量の落とし穴

犬のごはんの80%を占めるドライフード。計量はどのようにされてますか? 一つだけ計量の落とし穴をお伝えします。 毎日のごはんは、ドッグフードのパッケージに記載された給与目安量を……

犬の食事の基礎

アメリカ生まれ「ウェルネス」のドッグフードとは?

人間に飼われている犬は自分で食べ物を選ぶことはできません。ペットの犬は食事を飼い主さんの判断に委ねるしかなく、しかもそれが一生続きます。こう考えると飼い主さんの選択がいかに大切か分かりますね……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬の肥満に注意!犬の肥満の予防、治療方法について

肥満とは、体に脂肪組織が過剰に蓄積している状態をいい、身長や年齢に対する適正体重との比較や体脂肪率などから判定されます。犬には明確な数値の基準はありませんが、獣医さんが行なう身体検査の中で肥……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】予防したい、愛犬の腰痛。日頃から実践できる椎間板ヘルニアの予防方法

愛犬が歳をとるにつれて気になってくることのひとつに腰痛があります。 犬の体は腰に負担がかかりやすいつくりになっています。飼い主さんが日々の生活の中で気を配り、愛犬が歳をとっても元気に歩……

犬の食事の基礎

手作り食はペットにとって良い? 手作りペット食の基本から注意点、メリット・デメリットを解説

昔は人間の残り物がペットの常食でしたが、今では市販のペットフードを食べるのが当たり前になっています。ところが、ここ数年は手作りでペット専用の食事を作るこだわり派の飼い主さんが増えてきています……

犬の食事の基礎

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

ドッグフードも腐る!ドライフードの酸化防止と保管の方法

愛犬たちの大切な栄養源、ドライフードの保管についてのお話です。 みなさんは愛犬たちのドライフードをどのように保存されていますか? 我が家では開封したドライフードは密閉できる袋に入れて冷蔵……

犬の食事の基礎

愛犬がドッグフードを食べてくれない! 犬の食事の与え方 ・しつけ方

犬の食事の与え方にはいろいろな方法があります。決まったドッグフードを、銘柄を変えずにずっと与える人もいれば、手作りごはんを毎日のように与える人もいます。 中には、ドライフードをあげてい……

犬の食事の基礎

【獣医師監修】犬が中毒の可能性? 犬に中毒症状が出た場合の症状と治療に付いて~食品編

家の中には犬にとって危険な食品や薬品がたくさんあります。好奇心の強い犬は、食べるつもりがなくても噛み付いてしまったり舐めてしまったりして毒を体に取り込んでしまうこともあるでしょう。 中……

犬の食事の基礎

上品な見た目だけど意外と臭う?ヨークシャー・テリアの体臭ついて

ダーク・スティール・ブルーと呼ばれる独特の美しいカラーの被毛を持ち、動く宝石といわれるヨークシャー・テリアですが、意外なことに犬の臭いが強い犬種としても有名です。ヨークシャー・テリアの臭いの……

犬の食事の基礎

犬のご飯の量はどれくらい?回数は?犬種別のベストなご飯の与え方

みなさんは愛犬にどのくらいの量のご飯を与えていますか? もしかして、テキトーにあげてはいませんよね。人も犬も健康の源は毎日の食事です。栄養バランスや量を適切にすることは、寿命にも大きく関わ……

犬の食事の基礎

【獣医師が教える!】愛犬の状態に合ったドッグフードの選び方

近年、ペットの健康維持への関心が高まってきていることもあり、量販店や動物病院、インターネット通販などで、驚く程たくさんの種類のフードが販売されています。ずらりと並んだ多種多様なフードの中から……