2015年8月25日更新

犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。犬との関係を考えされられます。

「犬の十戒」という犬からの10のお願い文があるのをご存知でしょうか?作者不明のまま世界中に広まった詩のような文章で、犬と人間との理想的な関係を犬の立場から語りかけるという内容になっています。普段忙しい生活の中で私たちはペットとの関係をおざなりにしてしまいがちです。今回は「犬の十戒」についてご紹介しましょう。

「犬の十戒」のルーツとは?

「犬の十戒」(The Ten Commandments of Dog Ownership)は元々ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが、生まれた犬を飼い主に引き渡す際に犬と一緒に渡していたものが原点だと言われています。

原文は英文ですが、さまざまな人が日本語に翻訳していますのでいくつかパターンがあります。内容的にはどれも同じで、犬と暮らすにあたって飼い主さんが考えなければならないことについてまとめてあります。今回は英文と日本文の両方を対比させてご紹介しましょう。

「犬の十戒」

1.My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.
私の一生はだいたい10年から15年しかありません。どんな場合でもあなたと離れるのは辛いことなのです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。

2.Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に求めていることを理解する時間をください。

3.Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.
どうか私を信じてください。それだけで私は幸せなのです。

4.Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
どうか私に長い時間、腹を立てたり罰で閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事や娯楽や友達がいるかもしれませんが、私にはあなたしかいないのです。

5.Talk to me. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when it’s speaking to me.
私に話しかけてください。たとえ言葉は分からなくても話しかけてくれている時の声は理解できます。

6. Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.
覚えておいてください。どんなふうに私を扱ってくれたか私は絶対忘れません。

7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出してください。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕く歯があるのに決してあなたに噛みつかないことを。

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
私が言うことを聞かないとか、頑固だとか、怠け者だと言って叱る前に、「何か理由があるのではないか」と考えてみてください。もしかしたら正しい食生活が送れていなかったり、日が当たる外にずっと出されたままだったり、年を取って体が弱くなっているからかもしれません。

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
年を取ったら私の面倒を見てください。あなたもまた年を取るのだから

10.Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.
最期の一瞬まで一緒にいてください。「もう見ていられない」とか「私がいない間に死んでくれた方がいい」などとは絶対言わないでください。あなたが一緒にいてくれればすべてを受け入れます。
そして、忘れないでください。私はいつまでもあなたを愛しています。

あなたが犬を飼う時には「十戒」を思い出して

「犬の十戒」はペット関連のサイトにはよく紹介されていますのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。「three tight b」という日本のバンドがこの詩を元に「犬のお願い」という曲をリリースしたり、川口晴さんが「犬の十戒」からインスピレーションを得て「犬と私の10の約束」という作品を発表したりなど、その反響が広まっています。

「犬の十戒」は犬の飼い主さん用にできた詩ではありますが、他のペットにも共通する内容ですので多くの飼い主さんに読んでいただきたいですね。

ペット生活

ライター:ペット生活

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

最期まで面倒みられますか?子犬を迎える際に、考えなければいけないこと。

犬を新しく家庭に迎え入れる時、好きな犬種や可愛いと思った子犬を迎え入れることはよくあることですが、ぜひ選ぶ時の基準として知って頂きたいことがいくつかあります。 犬を飼うということは、人……

犬の選び方・迎え方

助け合いで命を救おう!犬猫の献血の疑問とペットへの負担

「供血のご協力をお願いします」動物病院でこう書かれている貼り紙をご覧になった事はないでしょうか? ペットの場合、人間のように輸血用の血液のストックがないことがほとんどなので、もし輸血が……

犬の動物愛護

『保護犬専用ブース』を設け里親探しも行う新しい形のペットショップ。

『P’s-first』というペットショップをご存知でしょうか? ペッツファースト株式会社が運営しているペットショップで、従来のペットショップとは少し違った取り組みをしています。 『ペット……

犬の殺処分

犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。犬との関係を考えされられます。

「犬の十戒」という犬からの10のお願い文があるのをご存知でしょうか?作者不明のまま世界中に広まった詩のような文章で、犬と人間との理想的な関係を犬の立場から語りかけるという内容になっています。……

犬の動物愛護