2015年8月26日更新

猫にどんな名前を付ける?猫にとって良い名前と人気の名前。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫が家に来るときの重要なイベントのひとつとして、猫に名前を付けることではないでしょうか。たくさんある候補の中からどんな名前を付けたらよいのか迷う人も多いでしょう。特別な名前を付けたいと思っても猫が覚えてくれなかったら意味はありません。

今回は猫の名前の付け方と今人気の猫の名前についてご紹介しましょう。

 

猫にとって良い名前とは?

多くの飼い主さんは自分の猫にスペシャルな名前を付けたいと思っているのではないでしょうか。中には懲るあまり貴族のように長い名前を考えている人もいるかもしれませんね。しかしながら長い名前では猫が覚えてくれない可能性もあります。

猫の名前はなるべく猫が覚えやすい発音で短い名前が良いでしょう。できれば2文字か3文字ぐらいではっきりした音の名前が向いています。

多頭飼いする時の名前の付け方

家に複数の猫がいるようなら、名前のつけ方に工夫が必要です。猫は名前を音で認識していますので、なるべく違う音で聞こえる名前を選びましょう。「ミー」と「ミュー」など似たような音の名前を付けると猫が区別できず混乱を招く可能性があります。

 

名前を付けたら覚えてもらう

名前を付けたら猫に覚えてもらわなくてはなりません。普通は2日~3日で名前を覚えてくれますが、場合によっては時間がかかることもあります。

名前を記憶してもらうためには何回も呼んでみるのが一番ですが、顔を見ながら呼んだり、名前を繰り返しながら撫でてあげたり、食べ物をあげるときに呼んだりすれば猫が名前に良いイメージを持ち、比較的早く覚えてくれます。

逆に叱る時に名前を呼ぶのは止めたほうが良いでしょう。「ミーちゃん、ダメ」などと叱ると名前にネガティブなイメージを持ってしまいますので、叱る時は「ダメ」のみにしましょう。

大人になってから飼いはじめた猫の場合

大人になってから飼い始めた猫の場合、なかなか新しい名前を覚えてくれないことがありますが、これは以前に付けられた名前をまだ覚えているからかもしれません。しばらく時間は掛かるかもしれませんが、根気よく繰り返し呼び続ければいずれは新しい名前を覚えてくれるはずです。

今、人気の猫の名前は?

猫用品を販売しているアイリスが2015年の1月から2月に行ったアンケートによれば、人気の名前の総合ランキング第1位は昨年と同じ「モモ」で2位が「ミルク」、3位が「ミー」でした。何と「モモ」は7年連続で不動の1位だそうです。

ちなみに雄猫だけのランキングでは1位が「ソラ」2位が「レオ」3位が「コタロウ」。雌猫のランキングでは1位が「ヒメ」2位が「モモ」3位が「ミイ」と「ミルク」なのだそうです。調査によって多少の違いはあるようですが上位にランクインする名前は大体共通しています。

一生呼び続ける名前だから思い入れのある名前を

一度付けた名前は数十年の間、毎日呼び続ける名前です。せっかくですから思い入れのある名前を付けてあげたいものですね。最近は猫の名前にも画数診断などがあるようですので活用してもいいかもしれません。猫にとって分かりやすいことを前提にすればどんな名前でも良いと思いますので楽しんでネーミングしてあげてください。